米国の緊急電話番号911に電話をかけるワーム型ウイルス「BAT CHODE911」にパターンファイル677以降で対応(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

米国の緊急電話番号911に電話をかけるワーム型ウイルス「BAT CHODE911」にパターンファイル677以降で対応(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は4日、米国で発見されたワーム型ウイルス「BAT CHODE911」について、同社のパターンファイル677以降で対応すると発表した。同ワームは、モデムを利用して米国の緊急電話番号911番に自動的に電話をかけることから「911ウイルス」と呼ばれている。米国・ヒューストンなどの限られた地域でのみ感染が確認されており、すでに数千台のマシンが被害に遭っている。このウイルスに感染すると、5分の1の確立でAUTOEXE.BATが書き換えられ、911番に自動的に電話をかけるようにコマンドが付け加えられる他、ハードディスクを強制的にフォーマットしようとしたり、毎月19日にWindowsのシステムディレクトリなどのファイルを削除するなど悪質な破壊活動を行う。日本語版WindowsOSでは正常に実行されないので、被害に遭う可能性は低いとのこと。

http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/batchode911.htm
 
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×