1999年10月〜12月の不正アクセスの動向(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

1999年10月〜12月の不正アクセスの動向(JPCERT/CC)

 コンピュータ緊急対応センター(JPCERT/CC)は、1999年10月1日〜12月31日の間に情報提供をうけた不正アクセスの動向をまとめ発表した。件数は150件で、情報提供や情報交換を行ったサイト数は207にのぼった。主な内容は、システムへの不正侵入および管理者権限詐取(72

製品・サービス・業界動向 業界動向
 コンピュータ緊急対応センター(JPCERT/CC)は、1999年10月1日〜12月31日の間に情報提供をうけた不正アクセスの動向をまとめ発表した。件数は150件で、情報提供や情報交換を行ったサイト数は207にのぼった。主な内容は、システムへの不正侵入および管理者権限詐取(72サイト)、プローブやスキャンと呼ばれるシステムに存在するサービス/弱点の探査(37サイト)、不正中継などの電子メールの不正な利用(37サイト)となっている。

http://www.jpcert.or.jp/pr/2000/0001.txt
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×