標的型攻撃(4 ページ目) | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

標的型攻撃(4 ページ目)

標的型攻撃の分析や戦略的対策を目的に米クラウドストライク社と協業(マクニカネットワークス) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

標的型攻撃の分析や戦略的対策を目的に米クラウドストライク社と協業(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、標的型攻撃から企業の持つ知的財産や国家機密を守ることにフォーカスしたセキュリティテクノロジ企業である米クラウドストライク社と日本国内における同社サービスの独占販売について合意した

サイバー攻撃による脅威の高まりを受け、各府省庁に対策の推進を要請(NISC) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバー攻撃による脅威の高まりを受け、各府省庁に対策の推進を要請(NISC)

NISCは、「情報セキュリティ対策推進会議(CISO等連絡会議)」の結果を発表した。サイバー攻撃等に備え、政府機関などにおいて取り組むべき対応について説明がなされた。

Windows用セキュリティソフトをサービスへ刷新、「FFR yarai」との連携も(キヤノン電子) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Windows用セキュリティソフトをサービスへ刷新、「FFR yarai」との連携も(キヤノン電子)

キヤノン電子は、ハッカーによる標的型攻撃から企業の情報資産を守るWindows用セキュリティソフト「SML セキュリティスイート」と「SML セキュリティスイート with FFR yarai」を2013年1月より販売開始する。

国内で使用されるサンドボックス製品の長所、短所に迫る 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

国内で使用されるサンドボックス製品の長所、短所に迫る

イードは「マルウェア分析、サンドボックス製品でできること/できないこと」を11月27日19時30分より、東京都中野区の同社会議室において開催する。

遠隔操作ウイルスをはじめサイバー攻撃の最新動向を解説(マクニカネットワークス) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

遠隔操作ウイルスをはじめサイバー攻撃の最新動向を解説(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスおよびマクニカソリューションズは、「世界に通じるセキュリティ ~海外からの攻撃に備えよ~」を11月29日に大手町ファーストスクエア カンファレンスにおいて開催する。

【Japan IT Week 秋 Vol.10】仮想環境で挙動を解析し未知のマルウェアを検出(FireEye) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾真二@RBB TODAY

【Japan IT Week 秋 Vol.10】仮想環境で挙動を解析し未知のマルウェアを検出(FireEye)

 高度な標的型攻撃に添付されるマルウェアに、従来からのシグネチャとのマッチングによるマルウェア検出にはひっかからない未知のマルウェアが利用されることも少なくない。このような攻撃を検出するソリューションを展示していたのは、FireEyeという外資系の企業だ。

BYODや標的型攻撃、いま求められる従業員の新しいセキュリティ教育 画像
特集 ScanNetSecurity

BYODや標的型攻撃、いま求められる従業員の新しいセキュリティ教育

旧来型のセキュリティ教育は、オンプレミスのクライアントサーバ型のネットワークの中で、PCを端末として利用することが前提とされていた。しかし近年、スマートデバイスが業務に導入され、そこからクラウドサービスやSNSを積極的に利用する事例が増えている。

サイバー犯罪インテリジェンスを支える特別調査チーム FTR (トレンドマイクロ) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

サイバー犯罪インテリジェンスを支える特別調査チーム FTR (トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は10月11日、都内で記者向けのブリーフィングを開催し、同社のサイバーインテリジェンスを支える特別チーム Forward Looking Threat Research(FTR)の3名のメンバーを紹介した。

攻撃発覚時点で補償開始、AIU保険のサイバー攻撃特約の詳細 画像
特集 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

攻撃発覚時点で補償開始、AIU保険のサイバー攻撃特約の詳細

企業がサイバー攻撃に遭ったときに、セキュリティ専門機関が行う初期対応に要した費用を補償する本特約について、AIU保険会社の大塚光晴氏に、補償内容、保険会社が定めるサイバー攻撃の定義、加入者数推移、保険金支払い状況などについて聞いた。

不正プログラムか人間かの違いだけ、既存対策は標的型攻撃にも有効(CA Technologies) 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

不正プログラムか人間かの違いだけ、既存対策は標的型攻撃にも有効(CA Technologies)

CA Technologiesは8月30日、都内で企業向けに情報セキュリティ対策のセミナーを開催し、同社ソリューション技術本部 セキュリティソリューション技術部 シニアコンサルタント 斎藤俊介氏が、講演「標的型攻撃とその対応方針」を行った。

「標的型攻撃とその対応方針」「APT対策と情報セキュリティ監査」他(セミナー情報) 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

「標的型攻撃とその対応方針」「APT対策と情報セキュリティ監査」他(セミナー情報)

開催予定の情報セキュリティ関連セミナー・勉強会情報

「ISSスクエア水平ワークショップ」「HITCON 2012」「クラウドセキリュティ分科会 第一回勉強会 @東京」他(セミナー情報) 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

「ISSスクエア水平ワークショップ」「HITCON 2012」「クラウドセキリュティ分科会 第一回勉強会 @東京」他(セミナー情報)

開催予定の情報セキュリティ関連セミナー・勉強会情報

「FISC地区別セミナー(福岡)」「デジタル・フォレンジック研究会 法務・監査 分科会(第9期 第1回)I」他(セミナー情報) 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

「FISC地区別セミナー(福岡)」「デジタル・フォレンジック研究会 法務・監査 分科会(第9期 第1回)I」他(セミナー情報)

開催予定の情報セキュリティ関連セミナー・勉強会情報

標的型攻撃などに有効なセキュリティログ監視サービスの提供を開始(BBSec) 画像
製品・サービス・業界動向 冨岡晶@RBB TODAY

標的型攻撃などに有効なセキュリティログ監視サービスの提供を開始(BBSec)

 ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は9日、標的型攻撃などに有効なセキュリティログ監視サービス「Incident Log Monitoring Service」(ILMS)の提供を開始した。

標的型攻撃を遮断する多層防御の試み ~IDS/IPSとセキュリティスイッチ 画像
特集 ScanNetSecurity

標的型攻撃を遮断する多層防御の試み ~IDS/IPSとセキュリティスイッチ

既存の対策でどこが手薄なのか、新たにどこに手当が必要なのかが明確にわからないところを悩みとしている例が多いようです。

サイバー犯罪の脅威に対するクライシスマネジメント 第6回「インシデント発覚時の危機対応」 画像
特集 ScanNetSecurity

サイバー犯罪の脅威に対するクライシスマネジメント 第6回「インシデント発覚時の危機対応」

これまで述べたような対策にも関わらず、情報窃取などインシデントが発覚した場合、ウイルス駆除やデータ・システムの復旧といった対処を行うと同時に、速やかに被害状況や攻撃の実態を把握し、ステークホルダーや関係当局に対して報告を行う必要があります。

サイバー犯罪の脅威に対するクライシスマネジメント 第5回「入口での防御と重要情報の保護と監視」 画像
特集 ScanNetSecurity

サイバー犯罪の脅威に対するクライシスマネジメント 第5回「入口での防御と重要情報の保護と監視」

「攻撃の侵入を許した後に、いかに情報窃取やシステムの停止といったインシデントの発生を防ぐか」というリスクマネジメントの視点、「インシデントが発生した場合にいかに早期に発見し、適切に対処するか」といったクライシスマネジメントの視点が重要となります。

サイバー犯罪の脅威に対するクライシスマネジメント 第4回「国家権力を背景としたサイバーエスピオナージュ」 画像
特集 ScanNetSecurity

サイバー犯罪の脅威に対するクライシスマネジメント 第4回「国家権力を背景としたサイバーエスピオナージュ」

守るべきデータが防火壁の内部にないため、従来のセキュリティの基本である壁が意味を持たない環境であり、このため様々な脅威が生じることになります。

自社セキュリティ対策状況を数値化、過去及び同業他社と比較(nCircle) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

自社セキュリティ対策状況を数値化、過去及び同業他社と比較(nCircle)

東京国際展示場で5月9日から11日まで開催された第9回情報セキュリティEXPO春の講演のために来日した米nCircle社の開発担当役員 Ric Walford と、チャネルセールス担当役員 Fahad Rizqi に、いまアメリカで標的型攻撃、APT攻撃へどのように対策が進んでいるか動向を聞いた。

標的型メール攻撃を端末側でリアルタイムに検知・警告する技術を開発(富士通研究所) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

標的型メール攻撃を端末側でリアルタイムに検知・警告する技術を開発(富士通研究所)

富士通研究所は、特定の企業や個人を対象にメールを送りつける標的型メール攻撃に対して、クライアント側でリアルタイムに検知・警告する対策技術を開発した。

サイバー犯罪の脅威に対するクライシスマネジメント 第3回「スマートフォン、SNSを対象とした攻撃の増加」 画像
特集 ScanNetSecurity

サイバー犯罪の脅威に対するクライシスマネジメント 第3回「スマートフォン、SNSを対象とした攻撃の増加」

PC並みの機能を持つスマートフォンですが、現時点ではPC並みのセキュリティ対策を実施することは困難です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 4 of 6
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×