国内で使用されるサンドボックス製品の長所、短所に迫る | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

国内で使用されるサンドボックス製品の長所、短所に迫る

イードは「マルウェア分析、サンドボックス製品でできること/できないこと」を11月27日19時30分より、東京都中野区の同社会議室において開催する。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
株式会社イードは、情報システム部門のセキュリティ担当者を対象に「マルウェア分析、サンドボックス製品でできること/できないこと」を11月27日19時30分より、東京都中野区の同社会議室において開催する。本セミナーは、定義ファイルで検知できないマルウェアが増加したことで、仮想環境を用いてプログラムの挙動を分析するSandbox製品が注目を浴びていることを受けたもの。

講師にはNTTコミュニケーションズ株式会社 先端IPアーキテクチャセンタの日吉龍氏を招き、国内外の複数のSandbox製品を2012年に検証した経験を元に、Sandbox製品の技術、機能、長所短所などについて、国内でも多く使用されている具体的なSandbox製品に言及しながら解説する。参加人数は25名、参加費無料、申し込みはメールのほかFacebookでも行える。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×