国内で使用されるサンドボックス製品の長所、短所に迫る | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

国内で使用されるサンドボックス製品の長所、短所に迫る

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

株式会社イードは、情報システム部門のセキュリティ担当者を対象に「マルウェア分析、サンドボックス製品でできること/できないこと」を11月27日19時30分より、東京都中野区の同社会議室において開催する。本セミナーは、定義ファイルで検知できないマルウェアが増加したことで、仮想環境を用いてプログラムの挙動を分析するSandbox製品が注目を浴びていることを受けたもの。

講師にはNTTコミュニケーションズ株式会社 先端IPアーキテクチャセンタの日吉龍氏を招き、国内外の複数のSandbox製品を2012年に検証した経験を元に、Sandbox製品の技術、機能、長所短所などについて、国内でも多く使用されている具体的なSandbox製品に言及しながら解説する。参加人数は25名、参加費無料、申し込みはメールのほかFacebookでも行える。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×