Azure向けCASBとサンドボックス機能追加(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

Azure向けCASBとサンドボックス機能追加(フォーティネットジャパン)

フォーティネットジャパンは、Microsoft Azure向けに「フォーティネット セキュリティ ファブリック」のポートフォリオ拡大を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットジャパン株式会社は10月9日、Microsoft Azure向けに「フォーティネット セキュリティ ファブリック」のポートフォリオ拡大を発表した。同社ではAzure向けの製品として、「FortiGate次世代ファイアウォール」「FortiWeb」「FortiMail」「FortiManager」「FortiAnalyzer」などを提供している。今回、「FortiSandbox for Azure」、Azure IaaS/Microsoft Office 365 SaaSソリューションに対応する「FortiCASB」の提供を新たに開始する。

FortiCASBをAzureに拡張することで、IaaSサービスの可視性、コンプライアンス、データセキュリティ、脅威からの保護を実現する。FortiCASBではクラウド上のリソース、ユーザ、動作、およびデータの詳細のほか、ネットワーク境界内のセキュリティポリシーをAzureのIaaSリソースやSaaSアプリケーションにまで拡張しコントロールできる。また、FortiGate 次世代ファイアウォールのオートスケール機能の強化も新たに発表されている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×