40カ国の重要施設に侵入したサイバースパイ活動、22GB以上のデータを収集(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

40カ国の重要施設に侵入したサイバースパイ活動、22GB以上のデータを収集(カスペルスキー)

ロシアKasperskyは、マルウェア「NetTraveler」に関する調査レポートを発表した。APT攻撃に使用されるマルウェアファミリーで、40カ国の重要施設に侵入し、350件の被害をもたらしているという。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は6月10日、ロシアKasperskyが6月4日に公開したリリースの抄訳として、マルウェア「NetTraveler」に関する調査レポートを発表した。NetTravelerは、APT攻撃に使用されるマルウェアファミリー。40カ国の重要施設に侵入し、350件の被害をもたらしている。また、公的・民間施設に侵入し、被害対象は政府機関、大使館、石油ガス産業、研究施設、軍事関連企業、活動家などに及んでいる。

Kaspersky Labの調査によると、この脅威は2004年にはすでに活動を開始しており、2010年から2013年にかけて最も活発になっているということが分かった。最近のNetTravelerグループのサイバースパイ活動は、宇宙探査、ナノテクノロジー、エネルギー生産、原子力、レーザー、医薬、通信といった分野を主な対象としている。攻撃はスピアフィッシングメールによって行われ、Microsoft Officeの脆弱性(CVE-2012-0158およびCVE-2010-3333)を悪用する添付ファイルにより感染される。

感染したPCからC&Cサーバに送られたデータには、システムリスト、キー操作ログ、および各種 PDF/Excel/Word ファイルが含まれていた。また、バックドアとして別の情報詐取用マルウェアをインストールする機能も搭載している。Kaspersky Labのエキスパートチームによると、NetTravelerのC&Cサーバに格納されたデータ量は22ギガバイト以上になると見積もられている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×