Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.21(水)

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第7回 「特別レポート:エドワード・スノーデン、日本の全体主義と監視社会化を懸念」 画像
研修・セミナー・カンファレンス 塚越 健司

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第7回 「特別レポート:エドワード・スノーデン、日本の全体主義と監視社会化を懸念」

スノーデン氏は日本について懸念を表明した。特定秘密保護法は、何を「秘密」とするかを政府自身が決定するため、市民は何が問題となっているかがわからなくなることから、権力への抵抗そのものができなくなることを彼は危惧する。

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第6回「ハッカーを追い続けた『語り部』の存在とは」 画像
特集 塚越 健司

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第6回「ハッカーを追い続けた『語り部』の存在とは」

レビーは「ハッカーズ」出版の後、アメリカ政府とハッカーの戦いを暗号を軸に鮮やかに描き出す。ハッカーはハッカーだけでは成立しない。これはハッカーに限らず、あらゆる分野に適応される原理だ。強烈な個性には支援体制が必要だ。

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第5回「人工知能の発展と人間の将来」 画像
特集 塚越 健司

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第5回「人工知能の発展と人間の将来」

しかし、人の思考を理解するからこそ危険だという議論もある。実業家のレイ・カーツワイルが述べるように、2045年には「技術的特異点(シンギュラリティ)」という人工知能の知能が人間を完全に超えるとの議論がある。

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第4回「アラン・チューリングが探求した世界とは何か」 画像
特集 塚越 健司

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第4回「アラン・チューリングが探求した世界とは何か」

機密情報だった業績の開示やコンピュータの発展に伴い、チューリングは再評価される。その中で2009年、英 ブラウン首相は政府としてチューリングの扱いを公式に謝罪、また2013年12月24日にはエリザベス2世女王の名をもって正式に彼の罪に対する恩赦が発効されている。

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第3回「イーロン・マスクの野望と未来」 画像
特集 塚越健司

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第3回「イーロン・マスクの野望と未来」

最近、彼はある問題を非常に危惧するようになる。人工知能である。マスクは2014年11月、人工知能が発展すれば、5年以内に人工知能が人間を殺すかもしれないと述べた。

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会  第2回「スノーデンと内部告発」 画像
特集 塚越健司

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第2回「スノーデンと内部告発」

スノーデンはアメリカを愛し、愛国的であるからこそ、母国が行っている非民主的な監視行為やプライバシー侵害が許せなかったのである。これは、ウィキリークスにイラク戦争関連の情報を提供し逮捕された、ブラッドリー・マニング上等兵とも共通する。

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第1回「ジュリアン・アサンジとウィキリークス」 画像
特集 塚越健司

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第1回「ジュリアン・アサンジとウィキリークス」

アサンジは2006年末に、リーク情報を収集、発表するサイト「ウィキリークス」を立ち上げる。ウィキリークスの特徴は、高度な暗号技術によってリーク情報提供者の情報を匿名化することにあり、これによってウィキリークスに安心して情報を提供する者が現れた。

    Page 1 of 1
    ★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
    <b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

    経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

    ×