日本IBM | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.17(火)

日本IBM

ハイブリッド・マルチクラウドでデータを保護、IBMの新メインフレーム(日本IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ハイブリッド・マルチクラウドでデータを保護、IBMの新メインフレーム(日本IBM)

日本IBMは、ハイブリッド・マルチクラウド環境全体で顧客データのプライバシーを管理する機能を備えた企業向けプラットフォームの新製品「IBM z15」を発表した。

情報漏えい事故対応コストは初年度・翌年・さらにその翌年以降も発生(IBM セキュリティー) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

情報漏えい事故対応コストは初年度・翌年・さらにその翌年以降も発生(IBM セキュリティー)

IBM セキュリティーは、情報漏えいが組織に及ぼす経済的影響について調査した年次調査「2019年情報漏えいのコストに関するレポート」の結果を発表した。

米調査:昔追いはぎ、今サイバー攻撃~旅行者のリスク高まる(IBMセキュリティー) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米調査:昔追いはぎ、今サイバー攻撃~旅行者のリスク高まる(IBMセキュリティー)

IBMセキュリティーは、米IBM Securityによる調査「2019 IBM X-Force Threat Intelligence Index(US)」の結果を発表した。

組織の77%が「インシデント対応計画がない」--グローバル調査(IBMセキュリティー) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

組織の77%が「インシデント対応計画がない」--グローバル調査(IBMセキュリティー)

IBMセキュリティーは、サイバー攻撃に対する耐性および攻撃からの回復に関する組織の準備状況を探るグローバル調査「2019年サイバー・レジリエンスを備えた組織」の結果を発表した。

攻撃のROI向上のために手法を変えるサイバー犯罪者(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

攻撃のROI向上のために手法を変えるサイバー犯罪者(日本IBM)

日本IBMは、「2019年IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス(英語)」の結果を発表した。

走る SOC「IBM X-Force C-TOC 」公開、インシデント対応能力強化(IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

走る SOC「IBM X-Force C-TOC 」公開、インシデント対応能力強化(IBM)

日本IBMは、現地への移動が可能な、業界初の移動式セキュリティ・オペレーション・センター「IBM X-Force コマンド・サイバー・タクティカル・オペレーション・センター(C-TOC)」を発表。米国およびヨーロッパ中を移動し、顧客とともにインシデント対応の訓練を実施する。

ATMの診断など行うX-Force Redラボ設立、Black Hatで発表(日本IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ATMの診断など行うX-Force Redラボ設立、Black Hatで発表(日本IBM)

日本IBMセキュリティーは、新しいラボ「X-Force Redラボ」を開設すると発表した。

2017年に漏えいしたデータ件数は前年比25%減少、それでも29億件を超える(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2017年に漏えいしたデータ件数は前年比25%減少、それでも29億件を超える(日本IBM)

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は4月5日、「2018年 IBM X-Force脅威インテリジェンス指標」の結果を発表した。同レポートは、100カ国にわたって、保護された数億のエンドポイントとサーバで分析されたデータによる洞察および観察で構成されたもの。

「利便性」と「セキュリティ」の優先順位逆転…ユーザーアンケート(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「利便性」と「セキュリティ」の優先順位逆転…ユーザーアンケート(日本IBM)

日本IBMは、グローバル調査「IDの未来に関する調査」の結果を公開した。

インテリジェンスセンター設立、X-Forceと連携や人材育成も(日本IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

インテリジェンスセンター設立、X-Forceと連携や人材育成も(日本IBM)

日本IBMは、サイバーセキュリティ・スペシャリストが集まる組織「セキュリティー・インテリジェンス・センター」を2月1日に設立すると発表した。

3月の「Apache Struts」の脆弱性に最大1日40万件超の攻撃を検知(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

3月の「Apache Struts」の脆弱性に最大1日40万件超の攻撃を検知(日本IBM)

日本IBMは、「2017年上半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表した。

自動車とIoT向けに、新たな2つのセキュリティ・テストサービスを提供(IBMセキュリティー) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

自動車とIoT向けに、新たな2つのセキュリティ・テストサービスを提供(IBMセキュリティー)

IBMセキュリティーは、自動車のセキュリティとIoTにフォーカスした2つの新たなセキュリティ・テストサービスを提供すると発表した。

データ漏えい時に発生したコストがグローバルで10%減少、米国などは増加(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

データ漏えい時に発生したコストがグローバルで10%減少、米国などは増加(日本IBM)

日本IBMは、「2017年データ漏えいコスト・レポート」の結果を発表した。

2016年に漏えいしたデータ件数は「歴史的な増加」--グローバルレポート(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2016年に漏えいしたデータ件数は「歴史的な増加」--グローバルレポート(日本IBM)

日本IBMは、2017年の「IBM X-Force脅威インテリジェンス指標」の結果を発表した。

2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM)

日本IBMは、「2016年下半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表した。

サイバーセキュリティ向けWatsonをCognitive SOCに統合、脅威の検出を支援(日本IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバーセキュリティ向けWatsonをCognitive SOCに統合、脅威の検出を支援(日本IBM)

日本IBMは、Cognitive SOCのために設計された拡張知能(Augmented Intelligence)テクノロジー「Watson for Cyber Security」の提供を発表した。

米企業の半数はランサムウェア攻撃を経験、7割が身代金を支払う(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米企業の半数はランサムウェア攻撃を経験、7割が身代金を支払う(日本IBM)

日本IBMは、IBM X-Forceによる調査「Ransomware: How consumers and businesses value their data」の結果について発表した。

サイバー攻撃からの自社の復旧能力に「自信がない」66%--グローバル調査(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバー攻撃からの自社の復旧能力に「自信がない」66%--グローバル調査(日本IBM)

日本IBMは、Cyber Resilient Organization(サイバー・レジリエントな組織)に関する調査の結果を発表した。

サイバーセキュリティ教育コンテンツの開発で協業(日本IBM、パソナ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバーセキュリティ教育コンテンツの開発で協業(日本IBM、パソナ)

日本IBMとパソナは、セキュリティ技能を持つ人材を育成し市場に輩出していくことを目指し、戦略的かつ効率的にサイバーセキュリティ教育コンテンツを開発するための協業を12月から開始する。

Webフィルタリング製品とSIEMの連携で標的型攻撃に対応(デジタルアーツ、日本IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Webフィルタリング製品とSIEMの連携で標的型攻撃に対応(デジタルアーツ、日本IBM)

デジタルアーツと日本IBMは、標的型攻撃対策としてのログの相関分析において両社の製品を連携、同日より提供を開始した。

QRadarのAPI公開、他社セキュリティ製品と連携が可能に(日本IBM) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

QRadarのAPI公開、他社セキュリティ製品と連携が可能に(日本IBM)

日本IBMは、「IBM Security App Exchange」について、日本のビジネスパートナーとエコシステムを構築する「IBM Security App Exchange ジャパン・エコシステム」を結成したと発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 7
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×