コラムのニュース記事一覧(2 ページ目) | 特集 | ScanNetSecurity
2024.06.25(火)

特集 コラムニュース記事一覧(2 ページ目)

TwoFive メールセキュリティ Blog 第12回「SPF/DKIMがPassなのに、DMARCがPassにならないのは何故か?~メールシステムごとに設定の確認と変更が必要な理由」 画像
コラム

TwoFive メールセキュリティ Blog 第12回「SPF/DKIMがPassなのに、DMARCがPassにならないのは何故か?~メールシステムごとに設定の確認と変更が必要な理由」

この記事では、DMARC導入直後のお客様から少なからずお尋ねいただく「SPF/DKIM が Pass なのに DMARC が Pass にならないのは何故なのか?」というご質問についてご説明したいと思います。

今日もどこかで情報漏えい 第15回「2023年7月の情報漏えい」全件調査 新潟県品質 画像
コラム

今日もどこかで情報漏えい 第15回「2023年7月の情報漏えい」全件調査 新潟県品質

 今日もどこかで情報漏えいは起きている。

今日もどこかで情報漏えい 第14回「野球場予約システムハッキング」 画像
コラム

今日もどこかで情報漏えい 第14回「野球場予約システムハッキング」

 今日もどこかで情報漏えいは起きている。

TwoFive メールセキュリティ Blog 第11回 「ネット空間に暗躍するお化けドメインたち ~ ホモグラフドメインの方がドッペルゲンガー的かも…」 画像
コラム

TwoFive メールセキュリティ Blog 第11回 「ネット空間に暗躍するお化けドメインたち ~ ホモグラフドメインの方がドッペルゲンガー的かも…」

"よく似た" とか "そんな風に見える" ドメインを総称して “look-a-likeドメイン”と呼びますが、タイポスクワッティングドメインの他にも TLDスクワッティング、レベルスクワッティング、コンボスクワッティング、ホモグラフドメインなどがあります。

生成 AI がもたらす新しい情報エコシステム 画像
コラム

生成 AI がもたらす新しい情報エコシステム

 「AI が人類を滅ぼす」という懸念はビッグテックや AI 研究者自身から出て来ることが多い。こうした議論を横目で見ていて不思議に思うのは、あまりインターネットの情報エコシステムについて触れていないことだ。

今日もどこかで情報漏えい 第13回「2023年6月の情報漏えい」無形損害は賠償請求せず 画像
コラム

今日もどこかで情報漏えい 第13回「2023年6月の情報漏えい」無形損害は賠償請求せず

 今日もどこかで情報漏えいは起きている。

メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか? 画像
コラム

メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

TwoFive では、有名な 7 つのドメインについて、ドッペルゲンガードメインと、その中で MXレコードを持つものを調査しました。

今日もどこかで情報漏えい 第12回「2023年5月の情報漏えい」誰もカード番号と気づかなかったのか 画像
コラム

今日もどこかで情報漏えい 第12回「2023年5月の情報漏えい」誰もカード番号と気づかなかったのか

 今日もどこかで情報漏えいは起きている。

今日もどこかで情報漏えい 第11回「2023年4月の情報漏えい」誤送信 三度あることは四度ある ほか 画像
コラム

今日もどこかで情報漏えい 第11回「2023年4月の情報漏えい」誤送信 三度あることは四度ある ほか

 今日もどこかで情報漏えいは起きている。

今日もどこかで情報漏えい 第10回「2023年3月の情報漏えい」デジタル呪術 ほか 画像
コラム

今日もどこかで情報漏えい 第10回「2023年3月の情報漏えい」デジタル呪術 ほか

 今日もどこかで情報漏えいは起きている。

今日もどこかで情報漏えい 第9回「2023年2月の情報漏えい」メール誤送信で懲戒 ほか 画像
インシデント・情報漏えい

今日もどこかで情報漏えい 第9回「2023年2月の情報漏えい」メール誤送信で懲戒 ほか

病院は、故意であると断定はできないが当該医師の過失責任は重大であるとし、出勤停止 2 か月間の懲戒処分を行ったが、本人が依願退職した。

TwoFive メールセキュリティ Blog 第9回 もうひとつのレガシー「メール自動転送機能」は生き残るべきかどうか 画像
コラム

TwoFive メールセキュリティ Blog 第9回 もうひとつのレガシー「メール自動転送機能」は生き残るべきかどうか

以前は便利に使われていたメール自動転送機能は、テクノロジーの進化の中で、現在では、より良い代替手段が提供されるようになっているのです。もしかしたら、もはや必要ないかもしれません。

ペネトレーションテスターは見た! 第6回「ペネトレーションテストの『いいシナリオ』の作り方」 画像
コラム

ペネトレーションテスターは見た! 第6回「ペネトレーションテストの『いいシナリオ』の作り方」

ペネトレーションテストはそれと同じと思っています。お客さんは何かを気にしていて、そうされないように、攻撃されないようにネットワークやインフラを作っているので、その有効性をちゃんと検証していくのがシナリオの基本になってくる。

ペネトレーションテスターは見た! 第5回「ペネトレーションテストの『いいシナリオ』とは?」 画像
コラム

ペネトレーションテスターは見た! 第5回「ペネトレーションテストの『いいシナリオ』とは?」

だから「良くないシナリオ」とまず言えるのは、お客さんが打った対策を「含んでいない」シナリオです。

今日もどこかで情報漏えい 第6回「2022年11月の情報漏えい」 画像
コラム

今日もどこかで情報漏えい 第6回「2022年11月の情報漏えい」

 今日もどこかで情報漏えいは起きている。

今日もどこかで情報漏えい 第5回「2022年10月の情報漏えい」 画像
コラム

今日もどこかで情報漏えい 第5回「2022年10月の情報漏えい」

 今日もどこかで情報漏えいは起きている。

今日もどこかで情報漏えい 第4回「2022年9月の情報漏えい」 画像
コラム

今日もどこかで情報漏えい 第4回「2022年9月の情報漏えい」

 今日もどこかで情報漏えいは起きている。

TwoFive メールセキュリティ Blog 第8回「企業メールドメインやDNSをSaaSで管理する際の注意ポイント」 画像
コラム

TwoFive メールセキュリティ Blog 第8回「企業メールドメインやDNSをSaaSで管理する際の注意ポイント」

メール・DNSでも利用が拡大しているSaaS。サービスを選定・利用する際、セキュリティの観点で注目してほしいチェックポイントがあります。

TwoFive メールセキュリティ Blog 第7回「大量不正アクセスの謎に迫る! Windows,Mac,iPhone,Android 各標準メールアプリ安全性調査の結果は~ TwoFiveミステリー調査班レポート」 画像
コラム

TwoFive メールセキュリティ Blog 第7回「大量不正アクセスの謎に迫る! Windows,Mac,iPhone,Android 各標準メールアプリ安全性調査の結果は~ TwoFiveミステリー調査班レポート」

実際のアプリがどのように実装されているか、Windows、Mac、iPhone、Android の各種標準メールアプリの 2021 年秋頃の最新バージョンを対象にして、TLS を設定してその振る舞いを確認してみました。

今日もどこかで情報漏えい 第3回「クレジットカード情報漏えい顛末記」 画像
コラム

今日もどこかで情報漏えい 第3回「クレジットカード情報漏えい顛末記」

 今日もどこかで情報漏えいは起きている。

TwoFive メールセキュリティ Blog  第6回「な、なんだってー!? メールサーバへ大量の『不可能不正アクセス』発生、謎に迫る TwoFiveミステリー調査班」 画像
コラム

TwoFive メールセキュリティ Blog 第6回「な、なんだってー!? メールサーバへ大量の『不可能不正アクセス』発生、謎に迫る TwoFiveミステリー調査班」

以前、大規模ISP で加入者向けのメールサーバを運用されているお客さんとお話していた時、マガジンミステリー調査班の一員であるかのような気分になったことがあります。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 10
  9. 最後
Page 2 of 16
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×