10月3日以降はWebアクセス連携機能が利用できず、ファームウェアアップデートを呼びかけ | ScanNetSecurity
2022.10.01(土)

10月3日以降はWebアクセス連携機能が利用できず、ファームウェアアップデートを呼びかけ

 株式会社バッファローは8月3日、Webアクセス連携機能を使用するユーザーに対しファームウェアアップデートの呼びかけを行っている。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 株式会社バッファローは8月3日、Webアクセス連携機能を使用するユーザーに対しファームウェアアップデートの呼びかけを行っている。

 Webアクセス連携機能は、2台以上の同社商品を使用し、遠隔地の共有フォルダをエクスプローラーで開くことができる機能で、2022年10月3日以降は利用できなくなる。

 対象となる商品は下記のシリーズ。

TS3000シリーズ(LAN接続ハードディスク)
TS5000シリーズ(LAN接続ハードディスク)
TS-2RZシリーズ(法人向けNAS)

 同機能を継続して利用する場合は、ファームウェアを最新版にアップデートする必要がある。なお、LS-Xシリーズ、LS-Vシリーズについては、2022年10月3日以降はWebアクセス連携機能を使用できなくなる。

 Webブラウザ、iOS、Androidアプリから利用できるWebアクセス機能については、ファームウェアのアップデートなく、引き続き利用できる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×