入院患者の個人情報などが記載されたUSBメモリを自宅に持ち帰り紛失(新潟県) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

入院患者の個人情報などが記載されたUSBメモリを自宅に持ち帰り紛失(新潟県)

新潟県は、県立六日町病院において個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
新潟県は10月11日、県立六日町病院において個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。これは9月17日、職員が会議録作成のために自宅へ持ち帰ったUSBメモリを紛失したというもの。同職員は引き続き自宅のほか、鞄や車中を捜索したが発見に至らず、上司等には言い出せなかったという。10月10日に看護部長、事務長へ報告があり、病院局へ第一報を行った。

紛失したUSBメモリには、同病院の会議録のほか当該病棟の入院患者の入院後の病状経過や検査・処置の情報といったカンファレンス用ファイルが記録されていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×