工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン4 「超可能犯罪」 第5回「容疑者が多すぎる」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン4 「超可能犯罪」 第5回「容疑者が多すぎる」

特集 フィクション

>>第 1 回から読む

「いいんだよ。世の中の事件なんて、冤罪で決着してるのがたくさんあるんだからさ。あんたが犯人だと言ってくれればそれで終わるだろ」

「ええと、それは冗談ですよね?」

「うん、冗談」

とはいえ、他に有効な手がないのも確かだ。まんまとしてやられたとしか言えない。社内の個人情報を内部の人間が漏洩させたなんていうしょぼい事件に、2,000人以上の容疑者を用意した時点で相手の勝ちはほぼ確定だ。警察だってコストパフォーマンスを重視する。金も盗まれていなくて、人も重傷者も死亡者もいない事件に、2,000人以上の容疑者を調べられる体制を敷くわけにはいかない。大赤字もいいところだ。

証拠も容疑者もあがってる。でも多すぎて調べられない。なんてバカな話だ。

だが、他になにか手がかりになるものを見つけなければならない。オレは必死に頭を回転させた。
《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×