工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン4 「超可能犯罪」 第27回「悪意の仲介人」 | ScanNetSecurity
2020.05.28(木)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン4 「超可能犯罪」 第27回「悪意の仲介人」

笑いが収まると、意外なことにあいつは答えを教えてくれた。正解かどうかはわからない。依頼主とあいつにしかわからないことだ。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

「そういうお前はとっくにファネルになってるじゃないか」

「そうです。よくおわかりだ。でも、流れてくる悪意は私には貯まらない。他の誰かにすすぎ込むように、うまく立ち回っていますからね。言ってみれば、私はネットによどむ悪意の仲介人なんです」

「なんでもいいから、依頼主と動機を教えろ」

「そんなに依頼主が必要なら、ご自分で適当に決めるのはいかがです? 退職した二百人以上の中から特に恨まれていそうな人間をピックアップして、動機も考えるんです。どうせ、誰にも正解はわからないでしょう」

「お前だったら、誰を選ぶ?」

オレが怒鳴ると、電話の向こうから爆笑が聞こえた。そんなにおもしろいことを言ったつもりはないんだが。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×