工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン4 「超可能犯罪」 第25回「実行犯たち」 | ScanNetSecurity
2024.04.14(日)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン4 「超可能犯罪」 第25回「実行犯たち」

「待て! 相手はオレのことを知っているのか? いや、そもそも何者なんだ?」

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

「危ないところだった。これがなければ、オレがあんたのやったことを暴いてもなんの証拠もないヨタ話にしかならないところだった」

オレは立ち上がると、大島の隣に立った。

「これはオレの想像なんだけどね。あんたはそれなりに慎重だ。だから消去した管理ツールの記録を、個人的に保管しているような気がする。それを見れば個人情報をぬすんだ連中を一網打尽にできる。情報酌量の余地も出てくるってもんだ」

「はい…自宅に保管してあります」

大島はすっかり素直になっていた。

「あんたは予想通りのいいヤツだ」

オレは大島の肩を軽くたたいた。大島はオレを見ようともしない。じっと自分の指先を見つめている。

「次は、「裏山商店」について知っている限りのことを教えてもらおう

「…電話してもいいですか?」

大島が顔を上げてオレを見た。

「なに言ってる?」

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×