ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ

ソリトンシステムズが提案するセキュアストレージ「VVAULT」は、いかにしてランサムウェアからデータを守るか 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

ソリトンシステムズが提案するセキュアストレージ「VVAULT」は、いかにしてランサムウェアからデータを守るかPR

今回、ソリトンらしいストレージ商品として市場に問うたのが VVAULT だ。「これまではストレージをデータの容れ物としか考えていなかった」木下氏はこれまでの挑戦をそう振り返った。

攻撃者と同一のOSINT活用、ソリトンシステムズ「サプライチェーンセキュリティリスク調査サービス」 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉

攻撃者と同一のOSINT活用、ソリトンシステムズ「サプライチェーンセキュリティリスク調査サービス」

 株式会社ソリトンシステムズは3月2日、サイバー攻撃の過去の履歴と実態を調査し、その対策構築を支援する「サプライチェーンセキュリティリスク調査サービス」の開始を発表した。

日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実 画像
調査・レポート・白書 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

株式会社ソリトンシステムズは1月、「パソコンからの情報窃取の現実~Arkei Stealer Botlog事件で発見されたPC12,841台の情報漏洩と日本の被害~」を公開した。

国産EDR「InfoTrace Mark II」、新バージョンV3で「脅威ハンティング」自動化対応(ソリトンシステムズ) 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

国産EDR「InfoTrace Mark II」、新バージョンV3で「脅威ハンティング」自動化対応(ソリトンシステムズ)

株式会社ソリトンシステムズは9月29日、組織内のサイバー攻撃を見つけ出す「脅威ハンティング」の自動化に対応したEDRのためのツール「InfoTrace Mark II」の新バージョンV3を開発し、10月1日からリリースすると発表した。

ソリトンシステムズ荒木氏が振り返る激動のEPP / EDR (エンドポイント対策) 市場と、選定ポイント 画像
研修・セミナー・カンファレンス 阿部 欽一

ソリトンシステムズ荒木氏が振り返る激動のEPP / EDR (エンドポイント対策) 市場と、選定ポイントPR

エンドポイント対策に絞ったとしても、様々なソリューションが群雄割拠する時代ですし、脅威状況の変化により何をしなければならないかも見えにくくなっていると思います。

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 番外編 「現場エンジニアと本音トーク、フォレンジック舞台裏の奮闘」 画像
特集 ScanNetSecurity

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 番外編 「現場エンジニアと本音トーク、フォレンジック舞台裏の奮闘」PR

今回は番外編として、ソリトンシステムズ荒木氏と、Ji2でフォレンジックに携わっているM氏の両名に、最近のフォレンジックの現場について本音の話を聞いた。

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第6回 「理解されないデジタル・フォレンジック(後編) - 攻撃者優位を打破 できるか?」 画像
特集 ScanNetSecurity

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第6回 「理解されないデジタル・フォレンジック(後編) - 攻撃者優位を打破 できるか?」PR

証拠保全の重要性については前編で触れた。証拠保全のためのフリーツールも公開されており、手順を紹介した書籍もあれば、インターネット上にも情報が溢れている。果たして実際はどうなのだろうか?

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第5回 「理解されないデジタル・フォレンジック(前編) - お願いだから端末に触らないで!」 画像
特集 ScanNetSecurity

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第5回 「理解されないデジタル・フォレンジック(前編) - お願いだから端末に触らないで!」PR

企業におけるインシデント対応体制が不十分な場合、有事にフォレンジックを依頼するまで時間がかかる。フォレンジック開始の遅れによって、後から取り返しのつかない事態になることも多いという。

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第4回 「究極のサイバー攻撃対策はIT退化なのか?増え続ける 『何もしないことのリスク』 」 画像
特集 ScanNetSecurity

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第4回 「究極のサイバー攻撃対策はIT退化なのか?増え続ける 『何もしないことのリスク』 」PR

究極のサイバー攻撃対策は、IT依存度を下げることではないかという皮肉さえ聞こえてくる。サイバーリスクの高まりを受けて、IT依存度を低減し、IT退化することは、果たして賢い選択なのか?

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第3回 「Weakest Link が標的に?  『検疫』 は 『ポリシーコントロール』 にシフトする」 画像
特集 ScanNetSecurity

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第3回 「Weakest Link が標的に? 『検疫』 は 『ポリシーコントロール』 にシフトする」PR

「インターネットをまるで 『腐海』 のようなものとして受け止めるお客様が増えてきたと感じます。 『瘴気マスク』 に相当するセキュリティ対策をしないと 『5分で肺が腐る』 というリスクの変化が、徐々に認識されつつあります。」

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第2回 「 『ランサムウェア』 が試金石? 今、企業の多層防御が試される」 画像
特集 ScanNetSecurity

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第2回 「 『ランサムウェア』 が試金石? 今、企業の多層防御が試される」PR

昨今のランサムウェアは、パターンファイル型の対策が間に合わない。荒木氏は、いくらユーザーに怪しい添付ファイルを開かないよう教育しても限界があるため、できる限りシステム側でリスク軽減し、ビジネスインパクトを低減するべき段階に来ているという。

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第1回 「日本企業は、なぜ現実感の無い『有事』のセキュリティ理想論を追うのか?」 画像
特集 ScanNetSecurity

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第1回 「日本企業は、なぜ現実感の無い『有事』のセキュリティ理想論を追うのか?」PR

「 『有事』の経験をあまり持たない企業の場合、『有事』 『インシデント』という言葉に惑わされ、混乱に陥るケースも見受けられます。」

    Page 1 of 1
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

    ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

    ×