ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第6回 「理解されないデジタル・フォレンジック(後編) - 攻撃者優位を打破 できるか?」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.23(水)

ソリトンシステムズのサイバーセキュリティ 第6回 「理解されないデジタル・フォレンジック(後編) - 攻撃者優位を打破 できるか?」

特集 特集

証拠保全の重要性については前編で触れた。しかし、証拠保全のためのフリーツールも公開されており、手順を紹介した書籍もあれば、インターネット上にも情報が溢れている。少しコンピュータに詳しいエンジニアなら自分でも出来そうなものだが、果たして実際はどうなのだろうか?

デジタル・フォレンジックや不正調査支援サービスを展開する株式会社Ji2と2014年に経営統合し、一丸となってフォレンジック案件に取り組むソリトンシステムズ 荒木氏に話をきいた。

●フォレンジックの目的から判断する

「私たちが証拠保全作業をさせて頂く場合、必ず熟練の経験者を派遣します。最近の端末は、ディスクが暗号化されていたり、トリッキーな作りになっていることもありますし、端末がそもそも不安定だったりして、マニュアル通りにうまく証拠保全出来ないことも多々あるのが実情です。現場で状況判断して対応する必要があるので、経験豊富なエンジニアを派遣するようにしています。

しかし、証拠保全しないと、その先のフォレンジックサービスにも繋がらないので、やむなく廉価で証拠保全を請け負うベンダーも多いようです。このあたりも、証拠保全の価値や重要性が、まだお客様に十分理解されていないことの証左かもしれません。(荒木氏)」

これまで、サイバー攻撃は、企業リスクとして認識されておらず、インシデントも出来るだけ「無かったこと」にしてきた企業も多いと聞く。しかし「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」でも指摘されているように、今や時代は変わり、ステークホルダーに説明責任が果たせるかどうかが、企業の運命を左右する時代となった。

あなたの企業・組織にとって、インシデント発生時にフォレンジック調査を行う目的は何だろうか? 説明責任を果たし、いざという場合には裁判に利用できる証拠データを確保するという目的であれば、その目的を満たすレベルで、証拠保全出来るかどうか…自社で対応する場合はこの点を見極める必要がありそうだ。

●現場力を養うフォレンジックトレーニング

CSIRTなどのインシデント対応体制を整備し、ある程度は自社で対応する方針を持つ企業もあるだろう。ソリトングループでは、証拠保全やフォレンジックサービスを提供するだけではなく、こうした業務に携わる方向けに、証拠保全の基礎などの技術トレーニングも行っている。その中では、経験者の知恵や現場で陥りやすいポイントなど実践的な内容を盛り込んでいるという。

「例えばCD/DVD用の安価な不織布ケースをブルーレイディスクに使って出し入れしていると、ブルーレイはCD/DVDとは保護膜の仕様が異なるため、徐々に状態が変わって正しく読めなくなります。こうしたメディアの知識もフォレンジック現場では重要ですが、案外ハードウェアにお詳しくないIT管理者の方も多いので、実践力を身につけていただけるような工夫をしています。(荒木氏)」

証拠保全にどれぐらい時間がかかり、その後のスケジュールはどのように段取れば良いか?現場で実働する担当でなくとも、インシデント対応に関わり、意思決定する立場であれば、最低限の知識としてフォレンジックの基礎を把握しておきたいところだ。こうした観点でトレーニングを受講する参加者も増えてきたという。

●フォレンジックは手段であって、目的ではない

サイバー攻撃は増加し、フォレンジック調査が必要なインシデントも増えている。しかし実際には、フォレンジックの価値が正しく理解されることは少なく、フォレンジックサービスを受ける側の企業・組織と、サービス提供する側のベンダーの間で、どうもプロトコルが噛み合っていないようにも見えてくる。フォレンジックビジネスは今後どうなってしまうのだろうか?

「ソリトングループに調査をご依頼いただく事案でも、かなり高度な攻撃手法が見られるようになってきました。そういう手口を明らかにするフォレンジックは、理解されにくいビジネスだからといって簡単に諦めてはいけない分野だと思っています。適正価格できちんと対価をいただき、少しでも質の高いフォレンジックサービスを提供し続けることが、私たちの社会的責任でもあると考えています。

そのために取り組んでいることはいくつかあるのですが、特に『お客様の立場で考えること』ことについては、特に心掛けています。

フォレンジックの世界は奥が深く、幅広い知識や経験、創意工夫が要求されることもあり、究めようとすると研究者レベルの情熱が必要となります。もちろん日々の技術研鑽は必要ですが、だからといってお客様と同じ視点を持つことは忘れてはならないと考えています。

私たちのミッションは、お客様のお困りの状況を少しでも解決することとしています。そのため『お客様の立場で考える』ことを心掛け、お客様にとって分かりやすいフォレンジックサービスを提供するための努力を惜しんではいけないと思っています。結果としてフォレンジック道を究めることになるかもしれませんが、それはあくまで手段であって目的ではありません。(荒木氏)」

●攻撃者優位を打破する取り組み

サイバー攻撃は、組織化され十分なリソースが与えられた攻撃者側に対し、防御側は完全に後手に回っているとしか言いようがない。そもそも、フォレンジックサービスを受ける側と提供する側、つまり防御する者同士でのギャップを議論している場合ではないのだが、残念ながらこれが日本の現実だと認めなくてはならないだろう。この状況を打破するためにも、製品開発ベンダーとしてフォレンジックの知見を活かし、インシデント対応に役立つようなソリューションも提供していきたいと荒木氏は語る。

「最近はニュースでもサイバー攻撃に関する情報が増えてきたので、情報過多でかえって取り残されてしまう方も多いように感じます。攻撃者の餌食にならないよう、お客様には現状を知って、冷静にリスク管理を進めていただきたいといったことばかりお話ししてしまいましたが、もちろん私たち対策ベンダーの努力もまだまだ足りないと考えています。アプライアンス製品やソフトウェア製品を開発し、フォレンジックやトレーニング、そして訴訟対応まで支援できるチームを持つソリトングループとして、私たちが果たすべき使命は重いと感じます。

攻撃者は悔しいことにチーム戦に長けています。攻撃優位の状況を打破するためには、私たちも、お客様や販売パートナーだけでなく、IT業界全体が同じチームだという意識で、一歩ずつ課題解決に取り組んでいく必要があると考えています。(荒木氏)」
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

    [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

  2. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

    [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  3. ISMS認証とは何か■第1回■

    ISMS認証とは何か■第1回■

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

  9. シンクライアントを本当にわかっていますか 〜意外に知られていないシンクライアントの真価

  10. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 低年齢層のネット利用 8 割超え、サイバー犯罪カジュアル化も

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×