産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.05.28(木)

産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Hirschmannが提供する産業用ルータ向けOS「HiOS」および「HiSecOS」にバッファオーバーフローの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月2日、Belden社傘下のHirschmannが提供する産業用ルータ向けOS「HiOS」および「HiSecOS」にバッファオーバーフローの脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは9.8。

影響を受ける製品は次の通り。

・HiOS バージョン 07.0.02 およびそれ以前を使用している次の製品
  RSP, RSPE, RSPS, RSPL, MSP, EES, EES, EESX, GRS, OS, RED
・HiSecOS バージョン 03.2.00 およびそれ以前を使用している次の製品
  EAGLE20, EAGLE30

これらの製品には、URLパラメータの不適切な処理に起因するバッファオーバーフローの脆弱性(CVE-2020-6994)が存在する。この脆弱性が悪用されると、細工された HTTP リクエストを処理することで、任意のコードを実行される可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。また、脆弱性の影響を軽減するワークアラウンドも紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×