ロシアが世界に仕掛ける「ハイブリッド戦」の鍵となる自称民主主義とサイバー戦闘力 | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

ロシアが世界に仕掛ける「ハイブリッド戦」の鍵となる自称民主主義とサイバー戦闘力

図1はロシアが展開しているハイブリッド戦争のおおまかな流れである。

特集
図2.ヨーロッパ各国に広がるロシアの影響力
  • 図2.ヨーロッパ各国に広がるロシアの影響力
  • 一田和樹氏近影(イラスト 一田和樹)
  • 図1.ロシアのハイブリッド戦の流れ
  • 表2-1.ロシアのハイブリッド兵器の使用状況(1)
  • 表2-2.ロシアのハイブリッド兵器の使用状況(2)
  • 図3.政府、民間、市民のトライバランス
  • 表1.ヨーロッパ各国の政党に広がるロシアの影響力
  • 表3.西側と中国、ロシアの違い
●激突するロシアと世界

 サイバー戦争は現在進行形と言われてからすでに何年も経った。数年前からは、プーチンは戦争をしているといろんなところで言われるようになった。もちろん過去の意味での戦争ではないし、サイバー戦争だけの話ではない。もっと包括的かつ日常的な戦争だ。

 最近では西側各国(西側という表現も懐かしいが)がロシアの外交官を追放したが、これも戦争のひとつの形と言えるだろう。各国はその理由としてロシアの元スパイが暗殺されかけたことをあげている。

 しかしその根拠は状況証拠の積み上げであり、法治国家では裁判で有罪となるまでは無罪という原則があるので、いささか早すぎる対応という感がある。

 今回の対応は政治的な意図の元に行われたものであり、単にこのひとつの事件だけについての反応ではないと考える方が妥当だろう。三月にプーチンが大統領に再選されたこともあり、西側各国はロシアに対する警戒心を強めているのだ。

 図1はロシアが展開しているハイブリッド戦争のおおまかな流れで、図2と表1は各国における進行度合いである(なお、図と表はわかりやすくするために単純化しており、時期や評価方法で影響度は異なるので、あくまで概観するための目安としてご覧いただきたい)。

 これを見ていただくと、西側が今回の事件に迅速に反応した理由もわかる。それだけ危機感をつのらせているのだ。しかも今年選挙を控えている国もある。

 放置すれば親ロシアの極右あるいは極左の政党が政権を握り、大きな混乱を巻き起こしかねない。昨年のフランス大統領選は無事にしのいだが、安心はできない。アメリカ大統領選の二の舞を演じたくないということだ。

《一田 和樹》

編集部おすすめの記事

特集

特集 アクセスランキング

  1. メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

    メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

  2. 日本プルーフポイント増田幸美のセキュリティ情報プレゼンテーション必勝ノウハウ

    日本プルーフポイント増田幸美のセキュリティ情報プレゼンテーション必勝ノウハウ

  3. NISC サイバーセキュリティ政策年表から考える、政府の考え やろうとしていること

    NISC サイバーセキュリティ政策年表から考える、政府の考え やろうとしていること

  4. [インタビュー] セキュリティ診断で検知される脆弱性の傾向に変化あり(NTTデータ先端技術)

  5. 怒りと無力感…新生 GSX 社長 青柳史郎の原点とは

  6. 今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのは誰

  7. Visaが語る、日本の PCI DSS 対応状況と遵守期限設定の狙い [後編](PCI DSS対策研究所)

  8. ICAPによるHTTPウイルススキャン(その1)

  9. Scan社長インタビュー:軍隊のない国家ニッポンに立ち上げるサイバー脅威インテリジェンスサービス ~ 株式会社サイント 岩井博樹の危機感

  10. TwoFive メールセキュリティ Blog 第14回「いよいよ6月、メルマガが届かなくなる…!? ~ メルマガ配信している皆さん ワンクリック購読解除の List Unsubscribe対応は済んでますか?」

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×