インスリンポンプに外部から制御されるなど複数の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

インスリンポンプに外部から制御されるなど複数の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Animas Corporationが提供するインスリンポンプ「Animas OneTouch Ping」に複数の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月5日、Animas Corporationが提供するインスリンポンプ「Animas OneTouch Ping」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3による最大Base Scoreは9.3。

「Animas OneTouch Ping」には、機密情報の平文通信(CVE-2016-5084)、不十分なランダム値の使用(CVE-2016-5085)キャプチャリプレイによる認証回避(CVE-2016-5086)、スプーフィングによる認証回避(CVE-2016-5686)の脆弱性が存在する。

これらの脆弱性が悪用されると、リモートの第三者によって、ポンプとリモートコントローラの間で行われる通信に含まれる患者の治療情報やその他のデータを取得されたり、ポンプに対する操作が行われたり、ポンプからの応答パケットを偽装されることでポンプに対する操作を妨害されたりする可能性がある。Animasの親会社であるJohnson & Johnsonによると、ファームウェアをリリースする予定はないが、当該製品を使用している患者や医療関係者には通知を送っているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×