2014年に大規模なハッキング被害、少なくとも約5億人分のユーザーデータが流出(米Yahoo!) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

2014年に大規模なハッキング被害、少なくとも約5億人分のユーザーデータが流出(米Yahoo!)

米Yahoo!(ヤフー)は現地時間22日、2014年に大規模なハッキング被害に遭っていたことを明かした。同社は国家による支援を受けたハッカーが関与しているとみている。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 米Yahoo!(ヤフー)は現地時間22日、2014年に大規模なハッキング被害に遭っていたことを明かした。同社は国家による支援を受けたハッカーが関与しているとみている。

 今回、同社が明かしたハッキング被害の対象は、少なくとも約5億人分のユーザーデータ。名前、電子メールアドレス、電話番号、生年月日などの主だったアカウント情報が対象となっている。

 セキュリティーに関する質問およびその答えは、暗号化されていたものと、そうでなかったものがあるものの、パスワード、クレジットカードデータ、銀行口座情報については流出していないと説明している。

 同社は、2014年以降パスワード変更を行っていないすべてのユーザーに対し、速やかにパスワードを変更することを求めているほか、リンクをクリックしたり、不審な電子メールから送信された添付ファイルをダウンロードしたりしないよう、注意喚起を行っている。

米ヤフー、約5億人のユーザーデータのハッキング被害を告白!

《Tsujimura@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×