より高価値なデータが狙われ、オンライン犯罪は大規模化--分析レポート(日本IBM) | ScanNetSecurity
2022.10.02(日)

より高価値なデータが狙われ、オンライン犯罪は大規模化--分析レポート(日本IBM)

日本IBMは、「IBM X-Force 脅威に対するインテリジェンス・レポート:2016年(日本語版)」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は4月7日、「IBM X-Force 脅威に対するインテリジェンス・レポート:2016年(日本語版)」を発表した。同レポートは、IBM X-Forceの活動をまとめたレポートとして、四半期ごとの動向と1年間の動向について記載している。レポートでは2016年のポイントとして、「高価値なデータが侵害される傾向が高まる」「デジタル世界における犯罪組織の台頭」「モバイル・マルウェアの進歩」「マルウェア攻撃が国境を越えて移動」を挙げている。

「高価値なデータが侵害される傾向が高まる」では、2015年は医療関連のPII(Personally identifiable information)や高機密データなど、より高価値なデータが侵害されるケースが見られた。2015年はヘルスケア業界における大規模な侵害が5件公表され、合計1億件近くの患者データが流出した。「デジタル世界における犯罪組織の台頭」では、オンライン犯罪の大規模化と精巧化が顕著で、その要因として本格的な犯罪組織によるデジタル犯罪への関与と投資の増加、それによって組織化された作戦の数が増加したことを挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×