IPAを騙る注意喚起メール、本来ないはずの添付ファイルはウイルス感染目的(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

IPAを騙る注意喚起メール、本来ないはずの添付ファイルはウイルス感染目的(IPA)

脆弱性と脅威 脅威動向

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は7月17日、IPAの名前を騙った不審メールが出回っていることを確認したとして、注意喚起を発表した。これは同日、外部組織より「IPAの名前を騙った不審メールが届いた」との情報提供により発覚したもの。このメールは、IPAが7月15日に発信したMicrosoft製品やAdobe製品に関するセキュリティ対策情報が用いられており、IPAからのメールニュースを模した内容となっていた。

また、同メールはフリーメールにより送信されていたほか、本来のメールニュースには存在しないはずの圧縮ファイル(.zipファイル)が添付されていた。IPAの分析によると、添付されていた圧縮ファイルを展開すると、ショートカットファイル(.lnkファイル)が現れ、これはウイルス感染を目的とするファイルであることが確認されたという。メールの件名と本文はIPAが公開している実在のWebページを元に作成されており、添付ファイルの開封を促すような文面となっていた。IPAはこうした不審メールが広く出回る可能性を懸念しており、より一層の注意が必要としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×