家庭で使用する無線LAN機器の不正利用に対し注意喚起、暗号方式の確認を(IPA) | ScanNetSecurity
2021.10.26(火)

家庭で使用する無線LAN機器の不正利用に対し注意喚起、暗号方式の確認を(IPA)

IPAは、「家庭内における無線LANのセキュリティ設定の確認を」とする注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は6月12日、「家庭内における無線LANのセキュリティ設定の確認を」とする注意喚起を発表した。これは、一般家庭で使用されている無線LAN機器が、その通信内容を傍受され、無線LAN環境を不正に利用されたとの報道を受けたもの。同機構では2013年12月にも注意喚起を行っている。不正利用を防ぐ対策のひとつに通信の暗号化があるが、同機構の調査ではユーザの認知度は低く、全体の半数以上が不明または設定していない状況であった。

同機構では、第三者による一般家庭の無線LAN環境を不正に利用される被害を防止するため、改めて安全に無線LANを利用する上での脅威を理解し、対策を実施するよう呼びかけている。具体的な対策として、暗号化方式をセキュリティレベルの高い「WPA2-PSK(AES)」に設定することを推奨し、その一般的な設定の確認手順を紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×