Lenovo製PCにフィッシング詐欺の被害を受けるなどの脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

Lenovo製PCにフィッシング詐欺の被害を受けるなどの脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Lenovoが提供するPCにHTTPSスプーフィングの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月24日、Lenovoが提供するPCにHTTPSスプーフィングの脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。これは、同PCにバンドルされる、ユーザにあわせた広告を表示するためにユーザのネットワークトラフィックを仲介する「Superfish VisualDiscovery」が原因となっている。また、これ以外の製品も本脆弱性の影響を受ける可能性がある。

「Superfish VisualDiscoveryがインストールされたLenovo製PC」は、暗号化されたHTTPS通信内容を仲介するために、SuperfishがルートCA証明書をPCにインストールする。このため、サーバ証明書を使ってオンラインバンキングやメールサービスなどのサイトを詐称されても、Webブラウザによるアクセス時には何の警告も表示されない。この脆弱性が悪用されると、HTTPSの通信内容を傍受されたり、フィッシング詐欺の被害を受ける可能性がある。JVNでは対策方法として、Superfish VisualDiscoveryをアンインストールし、関連するルートCA証明書を削除することを挙げ、関連情報を紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×