「Binder」の悪用でAndroid端末からデータや情報が漏えいする危険性を実証(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

「Binder」の悪用でAndroid端末からデータや情報が漏えいする危険性を実証(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、「Man in the Binder: He Who Controls the IPC, Controls the Droid」と題する新たな調査レポートを発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は10月20日、「Man in the Binder: He Who Controls the IPC, Controls the Droid」と題する新たな調査レポートを発表した。Android OS独自のアーキテクチャを研究した本レポートでは、プロセス間通信(IPC)におけるメッセージ伝達メカニズム「Binder」経由で保存または通信されるデータや情報がキャプチャ可能であることを示している。

レポートでは、Android OSのアーキテクチャにおけるBinderの主な役割を詳細に分析しながら、Android端末上のアプリケーションで送受信される情報(2ファクタ認証や暗号化などのセキュリティ対策で保護された情報を含む)が傍受可能である事実を実証している。また今回の調査では、端末のキーボード入力やアプリケーションでの処理内容(銀行取引など)、SMSメッセージのBinder経由での傍受に成功している。さらに、新しいAndroidマルウェアの可能性を示すとともに、セキュリティ担当者やAndroid開発者に対し、この問題について検討、協力して、新たな保護メカニズムを考案するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×