ドスパラの通販サイトに不正アクセス、3千件弱の顧客情報漏えいの可能性(サードウェーブ) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

ドスパラの通販サイトに不正アクセス、3千件弱の顧客情報漏えいの可能性(サードウェーブ)

サードウェーブは、同社が運営するドスパラ通販Webサイトが外部から不正なアクセスを受けたことを確認したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社サードウェーブは12月21日、同社が運営するドスパラ通販Webサイトが外部から不正なアクセスを受けたことを確認したと発表した。これは11月27日、同社IT業務部門が外部からの不正なアクセスと思われる痕跡を確認し、不正アクセス対策室を設置し調査を開始したというもの。また同日、情報セキュリティ専門会社である株式会社ラックに調査依頼を行い、ラックからの最終報告書により情報漏えいが発生した可能性がある範囲を特定した。

その結果、11月2日以前の登録情報より、合計2,926件の顧客情報漏えいの可能性があることを確認したという。11月3日以降の登録情報については漏えいの可能性はないとしている。不正に閲覧された可能性がある顧客の個人情報は、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、ログインパスワード。なお、クレジットカード情報については、漏えいの可能性はないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×