児童の個人情報を記録した私物USBメモリがひったくり被害に(横浜市) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

児童の個人情報を記録した私物USBメモリがひったくり被害に(横浜市)

横浜市教育委員会事務局は、同市立中和田小学校の教諭が帰宅中にひったくりに遭い、児童の個人情報を記録した私物USBメモリが入ったバッグを盗まれたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
横浜市教育委員会事務局は12月17日、同市立中和田小学校の教諭が帰宅中にひったくりに遭い、児童の個人情報を記録した私物USBメモリが入ったバッグを盗まれたと発表した。これは12月16日21時20分頃、同教諭が帰宅途中、小田急線六会日大前駅から自宅に向かい3分ほど歩いた路上で、バイクに乗った男性にバッグをひったくられたというもの。同教諭はすぐに警察に届け、17日にバッグが発見され、書類は手元に戻ったがUSBメモリは見つかっていない。

盗難被害に遭ったUSBメモリには、4年生在籍児童144人のうち約70人分の出席番号(氏名は入っていない)および前期理科の所見を記入したものが記録されていた。またバッグには、理科のテスト用紙(4年生1人分5枚、未採点のもの)、児童の理科のテストの成績を記入した児童名簿(4年生4クラス各5回分)も入っていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×