2014年の脅威予測、さまざまなものがサイバー犯罪者のターゲットに(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

2014年の脅威予測、さまざまなものがサイバー犯罪者のターゲットに(シマンテック)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社シマンテックは11月25日、2014年の予測を発表した。上位トピックの予測として、「人々がようやく、個人情報の保護に積極的な対策を講じるようになる」「どんなにニッチで目立たないソーシャルネットワークでも、詐欺師やデータ収集者、サイバー犯罪者のターゲットとなる」「『モノのインターネット」が「脆弱性のインターネット』になる」「モバイルアプリによって「いいね」を自分で過剰に稼ぐようになる」の4つを挙げている。

個人情報の保護については、あらゆるシーンで個人情報が収集される中で、新製品などに搭載されるプライバシー保護機能が本当に必要であるのか議論される。その反面で、オンラインで匿名性を確保できるTorがネットユーザ間で定着したり、SNS上で別名や偽名を使うユーザが復活することも考えられるとしている。また、これまで接続されていなかったデバイスがインターネットに接続されてスマート化すると予測される。膨大な数の組み込みオペレーティングシステムが稼働することになり、これらがハッカーの注目を引くとみている。

セキュリティ研究者は、すでにスマートテレビ、医療機器、防犯カメラに対する攻撃が可能であることを実証している。こういった機器を製造する企業は、機器に脆弱性があってもパッチを適用する手段がない。このため、新しい脅威が今まで想像もしなかった方法で出現するようになると予測している。ユーザの身近にあるスマートフォンは、身近なだけにユーザは疑うことを棚上げにしている。この点を犯罪者につけ込まれ、モバイルアプリはあらゆる種類のデマや詐欺、ペテンにも利用されると予測している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

    OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

  2. 「KRACKs」に対して、現時点で想定される脅威と対策をまとめたレポート(NTTデータ先端技術)

    「KRACKs」に対して、現時点で想定される脅威と対策をまとめたレポート(NTTデータ先端技術)

  3. 「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

    「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

  4. 「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

  5. Apache Tomcat において値検証不備により JSP ファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. WPA2の脆弱性「KRACKs」に注意喚起、通信を盗聴される可能性(JVN)

  7. 10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了、しかし40万台が今も利用(トレンドマイクロ)

  8. マイクロソフトが10月のセキュリティ更新プログラムを公開、すでに悪用も(IPA)

  9. Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

  10. インシデントは「スキャン」が半数、フィッシングサイト報告件数は千件超え(JPCERT/CC)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×