患者12名個人情報を含む電子カルテ画面を学会発表で使用(東京医科歯科大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

患者12名個人情報を含む電子カルテ画面を学会発表で使用(東京医科歯科大学)

東京医科歯科大学は、同学医学部附属病院に所属する医師が、同院の患者12名の個人情報が含まれた資料を用い、学会発表を行ったことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東京医科歯科大学は10月18日、同学医学部附属病院に所属する医師が、同院の患者12名の個人情報が含まれた資料を用い、学会発表を行ったことが判明したと発表した。これは同院医師が学会において、患者の個人情報が含まれた複数の電子カルテ画面をスクリーンに投影しながら発表したことが9月25日に判明したというもの。同院では調査委員会を設置し、10月10日にその結果をとりまとめた。

スクリーンに投影された電子カルテ画面には、氏名、患者番号、生年月日、年齢、性別等が含まれていた。なお、住所、電話番号は掲載されていなかった。また同学では、現時点において患者の個人情報が流用されたなどの事実は報告されていないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×