工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第23回「二種類の人間」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第23回「二種類の人間」

特集 フィクション

>>第 1 回から読む

その時、携帯電話が鳴った。夜の10時だ。こんな時間に電話をかけてくる相手はひとりしかいない。

「ヒマなんで、工藤さんは遊びに来るといいと思います」

沢近は、ものすごく身勝手なことをぶつけてきた。

「オレは仕事なんだよ」

「こんな時間に? そうですか、ハッハッハッ」

意味不明の笑い声を残して、沢近は電話を切った。なんとなく胸騒ぎがする。つけっぱなしのPCの画面に目をやると、沢近がものすごい勢いでツイートしていた。

─ なんかヒマかも

 バカな野郎どもが、じゃんじゃんリプライを返したようだ。だが、リプライは、オレには見えない。沢近本人にしか見えない。

─ え? 今から会うなんて無理。えー、でもなあ

 思わせぶりなツイートが続き、最終的にはヤバイセリフで終わった。

─ うん。じゃあ、DMで携帯番号送るんで、着いたら教えてね

 全くもってtwitterで男をあさるバカ女そのものだ。さすがのオレも止めなきゃ、という思いと、嫉妬に近いいらだちを感じて沢近に電話した。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×