広く利用されている短縮URL生成サービスをスパマーも利用--10月度レポート (シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

広く利用されている短縮URL生成サービスをスパマーも利用--10月度レポート (シマンテック)

株式会社シマンテックは11月7日、「シマンテック インテリジェンス レポート 2011 年 10 月度」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社シマンテックは11月7日、「シマンテック インテリジェンス レポート 2011 年 10 月度」を発表した。

本レポートは、シマンテック ドット クラウドによる「メッセージラボ インテリジェンス レポート」と「シマンテック スパム&フィッシング レポート」を統合したもの。今月の分析では、一般に広く利用されており、短縮リンクを実際に生成する正規 URL短縮サービスが、スパマーによって開設されていることが初めて明らかになった。これらの短縮リンクは、これまでスパムメールの中でのみ発見されている。

分析の結果、スパマー集団によって少なくとも80件のURL短縮サイトが運営されていることが判明している。このようなサイトでは、すべて類似の命名パターンを使用し、トップレベルドメインに .info を使用している。また10月は、東欧のユーザを標的とする、プレミアムSMSを利用したダイヤラを発見した。このダイヤラアプリは、人気のあるVoIP/メッセージアプリのブランドを模倣することで、正規のアプリであるかのように見せかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×