広く利用されている短縮URL生成サービスをスパマーも利用--10月度レポート (シマンテック) | ScanNetSecurity
2024.06.23(日)

広く利用されている短縮URL生成サービスをスパマーも利用--10月度レポート (シマンテック)

株式会社シマンテックは11月7日、「シマンテック インテリジェンス レポート 2011 年 10 月度」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社シマンテックは11月7日、「シマンテック インテリジェンス レポート 2011 年 10 月度」を発表した。

本レポートは、シマンテック ドット クラウドによる「メッセージラボ インテリジェンス レポート」と「シマンテック スパム&フィッシング レポート」を統合したもの。今月の分析では、一般に広く利用されており、短縮リンクを実際に生成する正規 URL短縮サービスが、スパマーによって開設されていることが初めて明らかになった。これらの短縮リンクは、これまでスパムメールの中でのみ発見されている。

分析の結果、スパマー集団によって少なくとも80件のURL短縮サイトが運営されていることが判明している。このようなサイトでは、すべて類似の命名パターンを使用し、トップレベルドメインに .info を使用している。また10月は、東欧のユーザを標的とする、プレミアムSMSを利用したダイヤラを発見した。このダイヤラアプリは、人気のあるVoIP/メッセージアプリのブランドを模倣することで、正規のアプリであるかのように見せかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×