ファイア・アイ株式会社( FireEye, Inc. ) | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

ファイア・アイ株式会社( FireEye, Inc. )

McAfee と FireEye 統合、専門家 5,000人有する専業会社誕生 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉

McAfee と FireEye 統合、専門家 5,000人有する専業会社誕生

マカフィー株式会社は10月11日、McAfee EnterpriseとFireEyeを統合した新たなセキュリティ専業会社の誕生について同社ブログで発表した。

統合プラットフォーム「FireEye XDR」の提供開始 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉

統合プラットフォーム「FireEye XDR」の提供開始

ファイア・アイ株式会社は9月7日、統合プラットフォーム「FireEye XDR」を発表した。

FireEye Blog 第2回「ランサム攻撃者と交渉する話 ― 身代金はどこまで値切れるか?」 画像
脆弱性と脅威 ファイア・アイ株式会社 プロダクト マーケティング マネージャ 横川 典子

FireEye Blog 第2回「ランサム攻撃者と交渉する話 ― 身代金はどこまで値切れるか?」

今回は身代金の「値切り」の話をしようと思う。しかし、値切りを推奨するわけでも、支払いを推奨するわけでもない。あくまでも、実際こういうことが行われている、という事実の報告だ。

FireEye、製品事業を現金12億ドルで売却 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

FireEye、製品事業を現金12億ドルで売却

ファイア・アイ株式会社は6月3日、米国FireEye, Inc.が同日にFireEyeの名称を含む製品事業をSymphony Technology Group(STG)が率いるコンソーシアムに、税金及び取引関連費用控除前の全額を現金12億ドルで売却する正式契約を締結したことを発表した。

FireEye Blog 第1回「最初に話しておくべきこと」 画像
脆弱性と脅威 ファイア・アイ株式会社 プロダクト マーケティング マネージャ 横川 典子

FireEye Blog 第1回「最初に話しておくべきこと」

SUNBURST は被害を被った組織にとって大きな痛手とはなったが、ここから学ぶべきことは多くある。まず、誰もがサイバー攻撃の被害者になりうる、いや、さらに「誰もがすでに被害者である可能性がある」ということだ。セキュリティベンダーであってもそれは例外ではない。

直撃インタビュー:サイバー攻撃被害を受けたサイバーセキュリティ企業 ~ なぜ隠さず積極的に社会に情報共有したのか? 画像
インシデント・事故 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

直撃インタビュー:サイバー攻撃被害を受けたサイバーセキュリティ企業 ~ なぜ隠さず積極的に社会に情報共有したのか?

一昔前までセキュリティ侵害事故の発生は、不幸な企業を襲ったかわいそうな運命のようにみなされたが、今後も我々が DX という鉱山を掘り進みつづける限り、決してなくならない、有毒ガス発生のような不可避的リスクに変わりつつある。

Pulse Connect Secure に任意コード実行の脆弱性、悪用した攻撃を確認済み 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

Pulse Connect Secure に任意コード実行の脆弱性、悪用した攻撃を確認済み

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月6日、Pulse Connect Secure における任意コード実行の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

Microsoft版 2020年セキュリティ動向 総括 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

Microsoft版 2020年セキュリティ動向 総括

日本マイクロソフト株式会社は12月21日、2020年のサイバーセキュリティの脅威の変化について発表した。

一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

到底答の出なそうなこの難しい課題の解決策を、果敢に探った成果が、ファイア・アイ株式会社とマクニカネットワークス株式会社によってこのたび公開された。

NISC、SolarWinds Orion Platform ソフトウェア利用システムへのサイバー攻撃を注意喚起 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

NISC、SolarWinds Orion Platform ソフトウェア利用システムへのサイバー攻撃を注意喚起

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は12月16日、SolarWinds社製SolarWinds Orion Platformソフトウェアに関して同社の公開情報をもとに12月14日に政府機関等へ注意喚起を行った。一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターでも同様の注意喚起を行っている。

クラウド環境向けの統合セキュリティ集中管理ソリューション(ファイア・アイ) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

クラウド環境向けの統合セキュリティ集中管理ソリューション(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、プライベート、パブリック、ハイブリッドの各クラウド環境向け統合セキュリティ集中管理ソリューション「FireEye Cloudvisory」の提供を開始したと発表した。

アジア地域の侵入検知時間、前年比 73 % 短縮 -- 年次レポート(ファイア・アイ) 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

アジア地域の侵入検知時間、前年比 73 % 短縮 -- 年次レポート(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、年次レポート「FireEye Mandiant M-Trends 2020」レポートの日本語版を公開した。

米海軍主催 AI のサイバー利用コンテストで優勝(ファイア・アイ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米海軍主催 AI のサイバー利用コンテストで優勝(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、AI ATACコンテストにおいて、FireEyeエンドポイント・セキュリティが優勝し、10万ドルの賞金を獲得したと発表した。

OT、ICS、IoTなどに関するインテリジェンスサービスを開始(ファイア・アイ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

OT、ICS、IoTなどに関するインテリジェンスサービスを開始(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、「FireEye Cyber Physical Threat Intelligence」サブスクリプションサービスを国内で提供開始したと発表した。

買収によりCloudvisoryの技術をFireEyeプラットフォームに統合(ファイア・アイ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

買収によりCloudvisoryの技術をFireEyeプラットフォームに統合(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、マルチクラウドとデータセンター向けに継続的な可視性、コンプライアンスおよびセキュリティのポリシー&ガバナンス・ソリューションを提供するCloudvisory社の買収を発表した。

MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、5月に米FireEyeが買収したVerodin社の「Verodin Security Instrumentation Platform(SIP)」を国内で提供開始したと発表した。

サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、同社初のレポート「FireEye Cyber Trendscape Report(英語版)」を公開した。

Mandiant Consulting カリスマコンサルタントとサイバーセキュリティ界の「笑わない男」 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

Mandiant Consulting カリスマコンサルタントとサイバーセキュリティ界の「笑わない男」PR

顧客情報についてダイヤのように固い箝口令ポリシーがあるMandiant。組織にとって恥ずかしい話を知られるわけだから、当然だ。だからこそMandiantコンサルタントがその立場としてパブリックな場で公演をすることは少なかった。

「CYBER DEFENSE LIVE TOKYO 2019」を11月14日に開催(ファイア・アイ) 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

「CYBER DEFENSE LIVE TOKYO 2019」を11月14日に開催(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、同社の主催によるセミナーイベント「CYBER DEFENSE LIVE TOKYO 2019」を11月14日に東京(虎ノ門ヒルズフォーラム)において開催する。

ネットワークおよびエンドポイント製品新バージョン(ファイア・アイ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ネットワークおよびエンドポイント製品新バージョン(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、「FireEye ネットワーク・セキュリティ8.3」および「FireEye エンドポイント・セキュリティ4.8」の各最新バージョンの提供を開始したと発表した。

サイバー犯罪とサイバーエスピオナージの二刀流「APT41」(ファイア・アイ) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

サイバー犯罪とサイバーエスピオナージの二刀流「APT41」(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、新たに名付けられたAPT(Advanced Persistent Threat)グループ「APT41」の詳細を発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×