統合プラットフォーム「FireEye XDR」の提供開始 | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

統合プラットフォーム「FireEye XDR」の提供開始

ファイア・アイ株式会社は9月7日、統合プラットフォーム「FireEye XDR」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ファイア・アイ株式会社は9月7日、統合プラットフォーム「FireEye XDR」を発表した。

 FireEye XDRは、エンドポイント、ネットワーク、メール、クラウドに対するネイティブなセキュリティ保護を提供し、組織のあらゆるインシデント管理で検知から対応までの能力を向上させることに重点を置いた統合プラットフォーム。

 また「FireEye Helix」は、次世代のセキュリティ情報及びイベント管理(SIEM)、セキュリティ・プロセスの連携と自動化(SOAR)、相関分析、Mandiantが提供する脅威インテリジェンス情報を提供することで、セキュリティ・オペレーション・プラットフォームを統合する。

 FireEyeは今後数四半期で、FireEye XDRプラットフォームに、エンドポイントクラウド機能の強化、FireEye Helixダッシュボードと脅威のグラフ化機能のアップグレード、主要なサードパーティ製セキュリティツールの追加サポート、Automated Defenseを含むMandiant Advantageプラットフォームとの継続的な統合などの新機能を導入予定。

 FireEye XDRプラットフォームは、FireEye Helixに加えエンドポイント、ネットワーク、メール、クラウドを含むFireEye製品と組み合わせることが可能で、ユーザー単位またはデータ使用量単位のクラウド・サブスクリプションとして9月7日から提供開始される。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×