OT、ICS、IoTなどに関するインテリジェンスサービスを開始(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

OT、ICS、IoTなどに関するインテリジェンスサービスを開始(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、「FireEye Cyber Physical Threat Intelligence」サブスクリプションサービスを国内で提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は2月6日、「FireEye Cyber Physical Threat Intelligence」サブスクリプションサービスを国内で提供開始したと発表した。サブスクリプションサービスは、「Fusion(融合)」「Strategic(戦略)」「Operational(運用)」「Vulnerability(脆弱性)」「Cyber Crime(サイバー犯罪)」「Cyber Espionage(サイバーエスピオナージ)」の各インテリジェンスと同様に利用できる。

同サービスでは、運用技術(OT)、産業制御システム(ICS)、モノのインターネット(IoT)、その他機器を含んだサイバーフィジカルシステムの脅威についてのデータおよび分析結果を、その背景にあるコンテキストを含めて提供するもの。

分析結果には、サイバーフィジカルシステムを狙ったマルウェア、TTP(戦術、技術および手順)、脅威アクター、脅威活動、脆弱性、戦略的洞察などの詳細が含まれる。また、FireEyeのプロフェッショナルと、FireEyeの脅威インテリジェンス、FireEye Mandiant、世界中に展開されているFireEyeのセンサーネットワークによる最新の調査結果に基づいている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×