ネットワークおよびエンドポイント製品新バージョン(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.19(木)

ネットワークおよびエンドポイント製品新バージョン(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、「FireEye ネットワーク・セキュリティ8.3」および「FireEye エンドポイント・セキュリティ4.8」の各最新バージョンの提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は8月20日、「FireEye ネットワーク・セキュリティ8.3」および「FireEye エンドポイント・セキュリティ4.8」の各最新バージョンの提供を開始したと発表した。新バージョンでは、攻撃の検出に要する期間を数カ月から数日に、調査及び復旧までに要する期間を数日から数時間に短縮することが可能になるとしている。

新バージョンでは、クラウド、オンプレミスおよびハイブリッドに展開されるサーバへの高度な攻撃の検出と調査機能を強化した。これにより、サーバのセキュリティ侵害の最初の兆候が現れた時点で、より迅速に水平展開活動を調査し、深刻度を診断できるようになった。ネットワークとエンドポイント全体にわたる脅威検出と可視性を提供することで、WindowsまたはLinuxベースのサーバへの攻撃を検出できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×