買収によりCloudvisoryの技術をFireEyeプラットフォームに統合(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2021.06.16(水)

買収によりCloudvisoryの技術をFireEyeプラットフォームに統合(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、マルチクラウドとデータセンター向けに継続的な可視性、コンプライアンスおよびセキュリティのポリシー&ガバナンス・ソリューションを提供するCloudvisory社の買収を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
ファイア・アイ株式会社は2月3日、マルチクラウドとデータセンター向けに継続的な可視性、コンプライアンスおよびセキュリティのポリシー&ガバナンス・ソリューションを提供するCloudvisory社の買収を発表した。買収に関する取引は米国時間の1月17日に完了しており、この買収により「FireEye Helix」にクラウドワークロードに対応するセキュリティ機能が追加される。

「FireEye Helix」とCloudvisoryの統合ソリューションにより、クラウドおよびコンテナプラットフォームに対するセキュリティやガバナンス・ポリシーを容易に実装できる。単一の画面上でマルチクラウド環境を管理でき、機能拡張によりコンプライアンスやベストプラクティスに基づきセキュリティ構成を評価し、継続的に環境を監視する。コンプライアンス違反に該当するアクションのレポートにより、組織のリスク増大につながる問題・アクティビティの特定も可能。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×