ランサムウェア(Ransomware|身代金要求型マルウェア)(4 ページ目) | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

ランサムウェア(Ransomware|身代金要求型マルウェア)(4 ページ目)

ランサムウェアの歴史と未来 - 世界最初のランサムウェアはフロッピーを郵送?(ESET)[Security Days Spring 2017 レポート] 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二

ランサムウェアの歴史と未来 - 世界最初のランサムウェアはフロッピーを郵送?(ESET)[Security Days Spring 2017 レポート]PR

IoT機器に対する脅威は各所で語られているが、フィッツジェラルド氏は、上記のような事象とランサムウェアなど、複数の脅威が組み合わさることで「Ronsomware of Things」とも呼べる状態が危惧されるとした。

ランサムウェア、アクセス試行IDなど、データでみる2016年のサイバー脅威(エフセキュア) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ランサムウェア、アクセス試行IDなど、データでみる2016年のサイバー脅威(エフセキュア)

エフセキュアは、サイバーセキュリティレポート「サイバーセキュリティの状況2017年(STATE OF CYBER SECURITY 2017)」を発表した。

[数字でわかるサイバーセキュリティ] IPA 10 大脅威 2017、前年に続き組織 1 位は標的型攻撃 画像
特集 冨岡 晶( Akira Tomioka )

[数字でわかるサイバーセキュリティ] IPA 10 大脅威 2017、前年に続き組織 1 位は標的型攻撃

IPAは1月31日に、「情報セキュリティ10大脅威 2017」を発表しました。個人ランキングの上位3位は、2015年と変わらず。一方、組織ランキングのトップは、引き続き「標的型攻撃による情報流出」でしたが、「ランサムウェアによる被害」が7位から2位にランクインしました。

ランサムウェア対策など強化した、総合サーバセキュリティ対策製品の新版(トレンドマイクロ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ランサムウェア対策など強化した、総合サーバセキュリティ対策製品の新版(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、総合サーバセキュリティ対策製品の新バージョン「Trend Micro Deep Security 10」を3月10日に発売する。

ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、日本国内および海外でのセキュリティ動向を分析した報告書「2016年年間セキュリティラウンドアップ:『ランサムウェアビジネス』が法人にもたらす深刻な被害」を公開した。

5,000ユーザの「Microsoft Office 365」環境に「CAS」を導入(トレンドマイクロ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

5,000ユーザの「Microsoft Office 365」環境に「CAS」を導入(トレンドマイクロ)

東急電鉄は、標的型サイバー攻撃やランサムウェア対策の強化のために、トレンドマイクロのクラウドアプリケーション向けセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security(CAS)」を導入した。

2016年7~12月で日本へのランサムウェア攻撃が約4.5倍の増加(チェック・ポイント) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2016年7~12月で日本へのランサムウェア攻撃が約4.5倍の増加(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、「H2 2016 Global Threat Intelligence Trends(2016年下半期 脅威情報トレンド・グローバル版)」を発表した。

ビッグデータ関連システムへの探索が急増、身代金を要求されるケースも(警察庁) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ビッグデータ関連システムへの探索が急増、身代金を要求されるケースも(警察庁)

警察庁は、「ビッグデータ」等の蓄積及び分析に使用される複数のソフトウェアに対する探索行為の急増等について「@police」で注意喚起を発表した。

ランサムウェアへの理解度、日本は世界平均よりやや低い結果に(アクロニス) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ランサムウェアへの理解度、日本は世界平均よりやや低い結果に(アクロニス)

アクロニスは、ランサムウェアに関するコンシューマの実態について実施した調査の結果を発表した。

ランサムウェア、標的型攻撃の最新情報と対策セミナー開催(NHNテコラス) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ランサムウェア、標的型攻撃の最新情報と対策セミナー開催(NHNテコラス)

Doctor Web pacific、Jiransoft Japan、NHNテコラスは、セミナー「マルウェア/ランサムウェアの最新動向~未知の脅威に備える標的型攻撃対策~」を2月24日に、東京都新宿区において開催する。

MongoDBへのランサムウェア攻撃急増、数時間での被害27,000件~豪州の通信監視機関は無防備なデータベースを報告(The Register) 画像
国際 The Register

MongoDBへのランサムウェア攻撃急増、数時間での被害27,000件~豪州の通信監視機関は無防備なデータベースを報告(The Register)

MongoDBには既知の問題がある。最近まで、このソフトウェアのデフォルト設定が安全なものではなかった。Shodan社創設者は2015年、約30,000件のMongoDBインスタンスがインターネットに対してアクセスコントロールなしでオープンになっていると警告した。

最近発見された4種類のランサムウェアに対応する復号化ツールを無償提供(Avast Software) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

最近発見された4種類のランサムウェアに対応する復号化ツールを無償提供(Avast Software)

Avast Softwareは、最近発見されたランサムウェアに対する復号化ツールを無償で提供開始したと発表した。

ランサムウェアの基礎知識から感染事例、対策をまとめたレポートを公開(IPA) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ランサムウェアの基礎知識から感染事例、対策をまとめたレポートを公開(IPA)

IPAは、「IPAテクニカルウォッチ『ランサムウェアの脅威と対策~ランサムウェアによる被害を低減するために』」を公開した。

2016年は「サイバー脅迫元年」、ランサムウェアと銀行詐欺ツールが急増(トレンドマイクロ) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2016年は「サイバー脅迫元年」、ランサムウェアと銀行詐欺ツールが急増(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「2016年国内サイバー犯罪動向」速報版を発表した。

支払いと拡散を選ばせるランサム、ドキシング、機械学習の犯罪利用など予測(Avast Software) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

支払いと拡散を選ばせるランサム、ドキシング、機械学習の犯罪利用など予測(Avast Software)

Avast Softwareは、2017年に台頭すると予測されるサイバーセキュリティ脅威を発表した。

ランサムウェア「CryptXXXバージョン3」の復号ツールを無償提供(カスペルスキー) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ランサムウェア「CryptXXXバージョン3」の復号ツールを無償提供(カスペルスキー)

カスペルスキーは、ランサムウェア「CryptXXXバージョン3」に対応する復号ツールの無償提供を開始したと発表した。

米企業の半数はランサムウェア攻撃を経験、7割が身代金を支払う(日本IBM) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米企業の半数はランサムウェア攻撃を経験、7割が身代金を支払う(日本IBM)

日本IBMは、IBM X-Forceによる調査「Ransomware: How consumers and businesses value their data」の結果について発表した。

自動化された攻撃、IoTへの攻撃、ランサムウェアの拡大……、2017年予想(フォーティネット) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

自動化された攻撃、IoTへの攻撃、ランサムウェアの拡大……、2017年予想(フォーティネット)

フォーティネットは、2017年の脅威動向として6つの予想を発表した。

ランサムウェア被害拡大がセキュリティ製品の開発を加速--2017年トレンド(IDC Japan) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ランサムウェア被害拡大がセキュリティ製品の開発を加速--2017年トレンド(IDC Japan)

IDC Japanは、2017年の国内IT市場において鍵となる技術や市場トレンドなど主要10項目を発表した。

ランサムウェア、DDoS攻撃、BEC、BPC……、2017年の脅威動向を予測(トレンドマイクロ) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ランサムウェア、DDoS攻撃、BEC、BPC……、2017年の脅威動向を予測(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、2016年の国内外における脅威動向を予測したレポート「2017年セキュリティ脅威予測」を公開した。

2017年はモバイルやIIoTへの攻撃が増加、ランサムウェアの標的が拡大(チェック・ポイント) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2017年はモバイルやIIoTへの攻撃が増加、ランサムウェアの標的が拡大(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、「2017年サイバー・セキュリティ動向予測」を発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
Page 4 of 9
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×