偽セキュリティソフト | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

偽セキュリティソフト

セーフモードで起動しても削除できない新たな偽セキュリティソフト(ウェブルート) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

セーフモードで起動しても削除できない新たな偽セキュリティソフト(ウェブルート)

ウェブルートは、偽セキュリティソフト「Win 7 Internet Security 2013」の感染報告を受け、ブログで注意喚起を発表した。

偽ウイルス対策ソフト「System Progressive Protection」に関する情報を公開、ユーザーを脅して対策ソフトを購入を促す(マカフィー) 画像
脆弱性と脅威 冨岡晶@RBB TODAY

偽ウイルス対策ソフト「System Progressive Protection」に関する情報を公開、ユーザーを脅して対策ソフトを購入を促す(マカフィー)

 マカフィーは23日、新たに出現した偽ウイルス対策ソフト「System Progressive Protection」に関する情報を公開した。

上位は変わらず、ランク外で偽セキュリティソフトが猛威--8月度レポート(マカフィー) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

上位は変わらず、ランク外で偽セキュリティソフトが猛威--8月度レポート(マカフィー)

マカフィー株式会社は9月6日、2011年8月のサイバー脅威の状況を発表した。本レポートは、同社の企業向けクライアント・セキュリティ製品が検出したマルウェア情報をすべて捕捉しているデータセンターで把握している情報をもとにトップ10を算出し、McAfee Labsの研究員が

2011年第2四半期の脅威は混乱期、新たな課題も--四半期レポート(マカフィー) 画像
調査・レポート・白書 ScanNetSecurity

2011年第2四半期の脅威は混乱期、新たな課題も--四半期レポート(マカフィー)

マカフィー株式会社は8月29日、2011年第2四半期の「McAfee脅威レポート」を発表した。2011年の脅威状況は混沌としており、LulzSecやAnonymousなどのハクティビストグループの問題だけでなく、利用されるマルウェアや攻撃対象の端末にも変化が起きているという。この四半

マルウェア活動が最も活発となった2011年第1四半期--脅威レポート(マカフィー) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

マルウェア活動が最も活発となった2011年第1四半期--脅威レポート(マカフィー)

マカフィー株式会社は6月3日、2011年第1四半期の「脅威レポート」を発表した。レポートによると、同四半期に検出されたマルウェア件数は600万件に上り、マルウェア活動が最も活発な四半期であったことが判明した。現在の増加率を考えると、2010年末の時点では累計5,500万

震災・原発情報の偽装が国内で依然活発--トレンドマイクロ4月度レポート(トレンドマイクロ) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

震災・原発情報の偽装が国内で依然活発--トレンドマイクロ4月度レポート(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は5月10日、2011年4月度の「インターネット脅威マンスリーレポート」を発表した。4月は、同社の国内サポートセンターに過去の攻撃(System Tool)を模倣したと思われる偽セキュリティソフト「MS Removal Tool」の被害報告があった。また、3月に

「System Tool」に酷似した偽セキュリティソフト、プロダクトキーも確認(トレンドマイクロ) 画像
脆弱性と脅威 ScanNetSecurity

「System Tool」に酷似した偽セキュリティソフト、プロダクトキーも確認(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は4月13日、「System Tool」に酷似した新たな偽セキュリティソフト「MS Removal Tool」の流通と被害を確認したとして、注意喚起と対処法をブログで発表した。偽セキュリティソフトは、正規のセキュリティソフトを偽り、ユーザにウイルスなどへの

    Page 1 of 1
    ★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
    ★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

    2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

    ×