マルウェア活動が最も活発となった2011年第1四半期--脅威レポート(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

マルウェア活動が最も活発となった2011年第1四半期--脅威レポート(マカフィー)

マカフィー株式会社は6月3日、2011年第1四半期の「脅威レポート」を発表した。レポートによると、同四半期に検出されたマルウェア件数は600万件に上り、マルウェア活動が最も活発な四半期であったことが判明した。現在の増加率を考えると、2010年末の時点では累計5,500万

脆弱性と脅威 脅威動向
マカフィー株式会社は6月3日、2011年第1四半期の「脅威レポート」を発表した。レポートによると、同四半期に検出されたマルウェア件数は600万件に上り、マルウェア活動が最も活発な四半期であったことが判明した。現在の増加率を考えると、2010年末の時点では累計5,500万個に満たなかったマルウェアサンプル数が、2011年は累計で7,500万個を超える可能性がある。また、偽セキュリティソフトの活動も非常に活発で、2011年3月に過去最高値である35万件を検出した。

マルウェアが狙ったモバイルプラットフォームでは、AndroidがSymbian OSに次いで第2位になると同時に、モバイルマルウェアの累計数でもAndroidマルウェアが第3位となった。この四半期に発見された主なAndroidマルウェアとしては、「Android/DrdDream」「Android/Drad」「Adnroid/StemySCR.A」「AndroidBgyoulu」などが挙げられる。レポートではこのほか、「Rustock」遮断によるスパムの減少、東日本大震災に便乗したスパムなどにも触れている。
(吉澤亨史)

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_11a.asp?pr=11/06/03-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×