マルウェア活動が最も活発となった2011年第1四半期--脅威レポート(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

マルウェア活動が最も活発となった2011年第1四半期--脅威レポート(マカフィー)

マカフィー株式会社は6月3日、2011年第1四半期の「脅威レポート」を発表した。レポートによると、同四半期に検出されたマルウェア件数は600万件に上り、マルウェア活動が最も活発な四半期であったことが判明した。現在の増加率を考えると、2010年末の時点では累計5,500万

脆弱性と脅威 脅威動向
マカフィー株式会社は6月3日、2011年第1四半期の「脅威レポート」を発表した。レポートによると、同四半期に検出されたマルウェア件数は600万件に上り、マルウェア活動が最も活発な四半期であったことが判明した。現在の増加率を考えると、2010年末の時点では累計5,500万個に満たなかったマルウェアサンプル数が、2011年は累計で7,500万個を超える可能性がある。また、偽セキュリティソフトの活動も非常に活発で、2011年3月に過去最高値である35万件を検出した。

マルウェアが狙ったモバイルプラットフォームでは、AndroidがSymbian OSに次いで第2位になると同時に、モバイルマルウェアの累計数でもAndroidマルウェアが第3位となった。この四半期に発見された主なAndroidマルウェアとしては、「Android/DrdDream」「Android/Drad」「Adnroid/StemySCR.A」「AndroidBgyoulu」などが挙げられる。レポートではこのほか、「Rustock」遮断によるスパムの減少、東日本大震災に便乗したスパムなどにも触れている。
(吉澤亨史)

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_11a.asp?pr=11/06/03-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×