国産UTMとLogStareで海外製品に頼らないセキュリティ運用、IPCOM EX2シリーズのログ活用 | ScanNetSecurity
2022.12.08(木)

国産UTMとLogStareで海外製品に頼らないセキュリティ運用、IPCOM EX2シリーズのログ活用

 株式会社LogStareは11月10日、富士通株式会社が自社開発・国内生産する「FUJITSU Network IPCOM EX2シリーズ」のログ解析とレポートに特化したソリューションリーフレットを公開した。

製品・サービス・業界動向
PR
FUJITSU Network IPCOM EX2シリーズ
  • FUJITSU Network IPCOM EX2シリーズ

 株式会社LogStareは11月10日、富士通株式会社が自社開発・国内生産する「FUJITSU Network IPCOM EX2シリーズ」のログ解析とレポートに特化したソリューションリーフレットを公開した。

 「LogStare」シリーズは、LogStareの親会社である株式会社セキュアヴェイルから2020年8月にLogStareが開発を引き継ぎ、常時1.1万台のセキュリティデバイスを監視し、1日25億件のログを収集・分析するセキュアヴェイルのセキュリティ運用ノウハウを設計に反映した純国産のセキュリティ運用プラットフォーム。日々のシステム監視業務からインデト発生時の原因調査、AIによる障害予測まで一気通貫で実現し、セキュリティ運用に係る時間やコスト、人的負荷を総合的に低減する。

 LogStareは2022年5月にIPCOM EX2シリーズへの正式対応を発表しているが、国産UTMとして自治体などに採用実績を持つIPCOM EX2シリーズのログ解析・レポーティングツールとして、国産SIEMであるLogStareを用いることで、海外製品に頼らない堅牢なセキュリティ運用環境の実現が可能となる。

 またLogStareでは、IPCOM EX2シリーズのログフォーマットに対応したレポートテンプレートを搭載しており、ネットワークトラフィックの傾向分析、外部攻撃の統計、内部不正の兆候などのセキュリティ運用に活用できるログレポートの自動化できる。

 ソリューションリーフレットはLogStareのWebサイトからダウンロード可能。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「i-FILTER@Cloud」にフィッシングサイトへのクレデンシャル送信ブロック機能

    「i-FILTER@Cloud」にフィッシングサイトへのクレデンシャル送信ブロック機能

  2. 文部科学省大臣官房政策課サイバーセキュリティ・情報化推進室の事務補佐員募集

    文部科学省大臣官房政策課サイバーセキュリティ・情報化推進室の事務補佐員募集

  3. 複数企業が関与する不正、機械学習活用したリスク評価モデルを共同開発

    複数企業が関与する不正、機械学習活用したリスク評価モデルを共同開発

  4. 自社やベンダーのセキュリティレベルを採点し改善策も示す Sling社のサイバー防衛スコアリング

  5. 警察庁、サイバー攻撃被害の潜在化防止に向け検討会開催

  6. 2022年の日本人の優しさを調査した社会実験、セキュリティ管理プラットフォーム S4 プロジェクト中間報告

  7. GMOサイバーセキュリティ byイエラエがクレジットカード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定

  8. 次世代 SIEM ベンダ Exabeam 光山 慶が一掃したい「SIEM で一番心が折れるところ」~セキュリティエンジニアがもっと世界を救うために

  9. Twitterの青い「認証マーク」を本人確認なしで購入可能に、なりすましは厳罰化

  10. クラウド設定項目と設定不備だった場合のリスク一覧 ~ 総務省ガイドライン公開

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×