今日もどこかで情報漏えい 第2回「Emotet感染報告あれこれ」 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

今日もどこかで情報漏えい 第2回「Emotet感染報告あれこれ」

記事執筆のために横断的にリリースを精査していると「この文章、どこかで見た気がする」と感じることがある。同じマルウェアに感染してるから当然だと思いきや、そうではない。余所の会社のリリースをまるまるコピペしているとはっきり分かるものも存在する。

特集
今日もどこかで情報漏えい 第2回「Emotet感染報告あれこれ」

 今日もどこかで情報漏えいは起きている。

 大きいところでは誰もが社名を耳にしたことがある東証プライムの上場企業や政府機関、小さなところでは従業員数名規模の企業や市町村役場に至るまで、毎日、あなたの知らないところで漏えい事件は起き続けている。

 ご存じの通り、一度はテイクダウンされた Emotet が再始動し、2022 年 2 月以降猛威をふるっている。大企業をはじめ、大学や公益財団法人、病院等々が被害を公表している。

 ScanNetSecurity は今年に入って、2022 年 3 月 23 日現在で 21 件の Emotet の感染報告記事を配信している。あまりに数が多いため、ひとつの記事内に複数法人を入れ込む荒技を使っているため、実際に取り上げた被害件数は 80 件を優に超えている。しかしこれは氷山の一角で、本誌が見落とした報告、そもそも公表していない団体・法人、Emotet に感染してもその事実に気付いていない場合もあることを考慮すれば、被害件数はさらに多いものとなるだろう。

 今年に入って 80 件以上の Emotet 感染被害の報告を掲載したと先述したが、それはつまり筆者が 80 件以上のリリースを短期間で横断的に精読したということを指している。厳密には掲載を見合わせた報告も存在するため精読した報告数はもっと多い。

 記事執筆のために横断的にリリースを精査していると「この文章、どこかで見た気がする」と感じることがある。同じマルウェアに感染してるから当然だと思いきや、そうではない。余所の会社のリリースをまるまるコピペしているとはっきり分かるものも存在する。


《高杉 世界》

編集部おすすめの記事

特集

特集 アクセスランキング

  1. メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

    メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

  2. 今日もどこかで情報漏えい 第22回「2024年2月の情報漏えい」プロモーションではなかった 公式 X への攻撃

    今日もどこかで情報漏えい 第22回「2024年2月の情報漏えい」プロモーションではなかった 公式 X への攻撃

  3. 今日もどこかで情報漏えい 第20回「2023年に最も読まれたセキュリティ事件・事故・情報漏えい・不正アクセス記事 ベスト10」

    今日もどこかで情報漏えい 第20回「2023年に最も読まれたセキュリティ事件・事故・情報漏えい・不正アクセス記事 ベスト10」

  4. Non State Actor 図鑑(3)APT アクターも「飲みニケーション」大事 ~ 成都404

  5. 次世代セキュリティ情報配信のあり方を探る IPA セキュリティ情報RSSポータルシステム−

  6. CSEに聞く失敗しないセキュリティ商品選び(1)営業ではなく技術を軸足にした開発と運用

  7. 今日もどこかで情報漏えい 第6回「2022年11月の情報漏えい」

  8. 日本のネット詐欺事情を振り返る

  9. proofpoint Blog 第7回「北朝鮮APT『TA406』による三つの脅威 - 詐欺、スパイ、盗みの手口」

  10. 今日もどこかで情報漏えい 第14回「野球場予約システムハッキング」

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×