総務省「日本型テレワーク」を定義、提言書を公開 | ScanNetSecurity
2024.04.15(月)

総務省「日本型テレワーク」を定義、提言書を公開

総務省は8月11日、「『ポストコロナ』時代におけるテレワークの在り方検討タスクフォース」提言書を公表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
テレワークが解消しうる社会問題
 総務省は8月11日、「『ポストコロナ』時代におけるテレワークの在り方検討タスクフォース」提言書を公表した。

 同省では「ポストコロナ」時代におけるテレワークに関し、目指すべき「日本型テレワーク」の再整理と、テレワークの導入と定着に向け、ICTを活用した課題の解決方法等についての検討等を目的に、「『ポストコロナ』時代におけるテレワークの在り方検討タスクフォース」を開催、本タスクフォースで提言書が取りまとめた。

 提言書では、下記5点を「日本型テレワーク」として定義している。

1.日本の様々な社会課題の解決に寄与
・急速な少子高齢化、生産年齢人口の減少等の課題に対応
・時間あたり生産性の向上

2.テレワークを契機とした ICT ツールの積極的な活用、BPR、DXの推進
・情報を共有しているという感覚や一体感の醸成、インフォーマルなコミュニケーションを促進する場をバーチャルに補完
・日本型の働き方の「強み」をより活かす
・心理的安全性の強化

3.ソーシャリゼーションへの配慮
・育成期においては一律テレワークではなく、対面機会を計画的に設ける工夫

4.世代間ギャップを埋めるための工夫
・無駄な出社への同調圧力の排除
・企業レベルでテレワークに係るビジョンを策定
・組織の風通しを良くするための組織開発/コミュニケーション促進施策の実施

5.ウェルビーイングの向上
・個人単位のウェルビーイングに加え、組織による協働的なウェルビーイング

 本タスクフォースでは、「時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」であるテレワークが解消しうる社会問題として、都市集中の緩和や天候異変・災害、交通混雑緩和などを挙げ、障害者雇用や少子化対策、高齢化対策などのメリットも挙げている。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  2. 総務省「無線LANセキュリティガイドライン」更新、自宅と公衆に分冊

    総務省「無線LANセキュリティガイドライン」更新、自宅と公衆に分冊

  3. 不正注文被害のEC事業者は34.4%、年間被害金額は25~50万円が最多

    不正注文被害のEC事業者は34.4%、年間被害金額は25~50万円が最多

  4. IT部門か全員かそれとも政府か ~ サイバー攻撃から守る責任は誰にある? KnowBe4 調査

  5. NRIセキュア「企業における情報セキュリティ実態調査 2023」公表、日本の生成 AI 導入済企業 18.0%

  6. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  7. サポート詐欺の電話番号「010」で始まる国際電話番号利用手口も

  8. 復旧失敗確率 3 分の 2、ランサムウェア身代金支払い ~ JIPDEC、ITR 調査

  9. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

  10. 「3ウェイ・ハンドシェイク」を悪用したSYN/ACKリフレクター攻撃を確認(警察庁)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×