テレワーク「施設」のセキュリティガイドライン公開 ~ 日本テレワーク協会ほか | ScanNetSecurity
2024.06.23(日)

テレワーク「施設」のセキュリティガイドライン公開 ~ 日本テレワーク協会ほか

 一般社団法人日本テレワーク協会と一般社団法人セキュア IoT プラットフォーム協議会は4月25日、協同で策定した「安心安全テレワーク施設ガイドライン(第1版)を公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 一般社団法人日本テレワーク協会と一般社団法人セキュア IoT プラットフォーム協議会は4月25日、協同で策定した「安心安全テレワーク施設ガイドライン(第1版)を公開した。

 コワーキングスペースやレンタルオフィスなどの共同利用型オフィスでのサイバーセキュリティに係る課題と対策について、2019年7月に「共同利用型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について」を公表し、その後、2021年3月に第2版を公表しているが、今回の改定では、テレワーク施設で必要となるセキュリティ対策を見直すとともに、作業環境と施設環境における課題と対策を追加し、総合的なテレワーク施設の安全性を確保するために、全7章、55の対策、25の具体的対策事例、チェックリストから成る、新たな「安心安全テレワーク施設ガイドライン」として公表する。

 本ガイドラインの内容は、日本テレワーク協会会長の栗原博氏が委員長を務め、企業経営者や学識経験者、社会保険労務士、サイバーセキュリティ関連団体、コワーキングスペース関連団体等から委員が参加し、総務省、厚生労働省、経済産業省がオブザーバーとして参加する「安心安全テレワーク施設ガイドライン策定委員会」で審議の上で策定している。

 本ガイドラインは日本テレワーク協会のWebサイトからダウンロードで、今後はテレワーク施設運営事業者等への説明会も開催を予定している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×