ランサムウェアが前年同期比46%増加、「WannaCry」1位--四半期レポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

ランサムウェアが前年同期比46%増加、「WannaCry」1位--四半期レポート(カスペルスキー)

カスペルスキーは、2019年第2四半期(4月~6月)のサイバー脅威レポートを公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社カスペルスキーは8月29日、2019年第2四半期(4月~6月)のサイバー脅威レポートを公開した。これは、8月19日のKasperskyの発表を基づいたもの。レポートによると、同四半期にランサムウェアによる攻撃を検知したコンピュータは、重複を除き23万2,292台で、前年同期(15万8,921台)から46%増加した。

ランサムウェアの攻撃に遭遇したユニークユーザの割合が高い国の上位は、バングラデシュ(9%)、ウズベキスタン(6%)、モザンビーク(4%)となっている。同四半期にもっとも頻繁に攻撃したランサムウェアファミリーは、依然として「WannaCry」で、同社製品で検知したランサムウェアによる攻撃全体の23.4%を占めた。また、作成者が配布をやめると発表した「GandCrab」が13.8%で2位となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×