メディアプレイヤーなどを装うトロイの木馬亜種(Dr.WEB) | ScanNetSecurity
2022.06.30(木)

メディアプレイヤーなどを装うトロイの木馬亜種(Dr.WEB)

Dr.WEBは、2018年6月のモバイルマルウェアについて発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は7月9日、2018年6月のモバイルマルウェアについて発表した。6月の主な傾向として、「不要な埋め込み広告モジュールを含むさらに多くのアプリケーションをGoogle Play上で検出」および「危険なスパイウェアの拡散」の2つを挙げている。

Doctor Webのスペシャリストは6月初め、不要な広告モジュール「Adware.Appalytic.1.origin」を含んだ37の新たなアプリケーションをGoogle Play上で検出した。このモジュールは、さまざまなアプリケーションやゲームをダウンロード・インストールするよう要求するほか、広告されているプログラムのページをGoogle Play上で開くことができる。

また6月下旬には、トロイの木馬ファミリー「Android.FakeApp」の新たな亜種が複数検出された。これらは、VKソーシャルネットワークで音楽を聴くためのメディアプレイヤーなどの便利なアプリケーションを装って拡散されていた。このトロイの木馬は、サイバー犯罪者のコマンドに従って指定されたリンクを辿り、不正なインターネットリソースを含むさまざまなWebサイトを読み込む危険なもの。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×