[学術研究] 主要セキュリティ対策の費用対効果ランキング | ScanNetSecurity
2022.09.27(火)

[学術研究] 主要セキュリティ対策の費用対効果ランキング

2016 年暮れに経済産業省から出された「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver 1.0」の最初のページに載っていた、ある言葉を忘れられない人は少なくないかもしれません。

調査・レポート・白書
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver 1.0」の「経営者が認識する必要がある『3原則』」の段落冒頭
  • 「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver 1.0」の「経営者が認識する必要がある『3原則』」の段落冒頭
  • 事象の発生から時系列順にどのような事象に発展するかを分析するイベントツリー
  • 対策前のリスク額
  • 対策1実施時のリスク額
  • 対策2実施時のリスク額
  • 多重リスクコミュニケーターに入力された各セキュリティ対策のコストと低減率
  • 対策費別の推奨セキュリティ対策、対策費、残存リスク額、総コスト
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

    警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

  2. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

    売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  3. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  4. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  5. 2022年上半期はサプライチェーンリスクが国内で具体化、トレンドマイクロ上半期レポート

  6. 9月4日にSQLインジェクション攻撃が激増、難読化も

  7. 「我が社のセキュリティ意識には問題あり」ワースト 3 業界

  8. 情報漏えいした上場企業の株価、最大下落率は21.6%に

  9. 「サイバーセキュリティ」の認知は5割弱にとどまる、若い世代が低い傾向に

  10. 法人向けセキュリティ市場予測、2027年1兆3,000億円

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×