Google Play で迷惑アプリ拡散、ネットバンキングやオーディオプレーヤ(Dr.WEB) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.25(火)

Google Play で迷惑アプリ拡散、ネットバンキングやオーディオプレーヤ(Dr.WEB)

Dr.WEBは、「2019年5月のモバイルマルウェアレビュー」を発表した。主な傾向として、「Google Playから拡散される悪意のあるアプリケーション」を挙げている。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は6月4日、「2019年5月のモバイルマルウェアレビュー」を発表した。主な傾向として、「Google Playから拡散される悪意のあるアプリケーション」を挙げている。

5月には、スパイウェア型トロイの木馬「Android.SmsSpy.10206」と「Android.SmsSpy.10263」が検出された。Android.SmsSpyファミリーに属するこれらのマルウェアは、スペイン語圏のユーザを対象にインターネットバンキング用のソフトウェアを装いGoogle Playから拡散されていた。インストールされ起動されると、自身をデフォルトのSMSマネージャーとして設定しようと試み、ユーザに権限を要求。権限を取得すると、受信したメッセージをすべて犯罪者のサーバに転送する。

5月上旬には、Doctor Webのアナリストがオーディオプレーヤーを装って拡散されていたトロイの木馬「Android.HiddenAds.1396」をGoogle Play上で発見した。この悪意のあるプログラムは、実際に音楽を再生するが、迷惑な広告バナーを表示させてモバイルデバイスの操作を困難にする。また、初回起動後にアイコンを隠してしまうため、ユーザはその後プログラムを起動することができなくなる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×