「Netskope」をベースにCASBを提供、リモート型と常駐型を用意(SCSK) | ScanNetSecurity
2022.09.27(火)

「Netskope」をベースにCASBを提供、リモート型と常駐型を用意(SCSK)

SCSKは、企業の安全なクラウドサービス利用を実現するCASBの運用業務をメニュー化し、必要とする業務をカスタマイズして提供するサービスを開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
SCSK株式会社は5月9日、企業の安全なクラウドサービス利用を実現するCASB(キャスビー)の運用業務をメニュー化し、必要とする業務をカスタマイズして提供するサービスを開始したと発表した。同社はNetskope社が提供する「Netskope(ネットスコープ)」を2017年4月から先行して提供している。この導入、運用で得た現場のノウハウを活かし、CASBの運用サービスを提供する。

具体的には、必要な業務を「非定例」「定例」に分類し、業務ごとの発生頻度は顧客固有の状況を考慮し、提供するサービス内容に反映する。また、業務ごとに標準的なフローチャートを用意。顧客固有の業務にはフローチャートをカスタマイズすることで対応する。運用はリモート型(SCSK拠点からの作業)と常駐型(SCSKの技術者が運用を担当)の形態を用意している。

価格は該当業務ごとに個別見積となるが、例として定例業務が300,000円から、非定例業務が100,000円からとしている(ともに税別)。同社では、2020年3月末までに100社の新規導入を目指すとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×