PSIRT 構築にあたってのポイントと考え方 | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

PSIRT 構築にあたってのポイントと考え方

IoTセキュリティが話題になるなか、製造業の間ではPSIRT構築の機運が高まっている。社内業務に関するセキュリティ対策チームではなく、製品に特化したセキュリティ対策チームを立ち上げるところが増えている。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
IoTセキュリティが話題になるなか、製造業の間ではPSIRT構築の気運が高まっている。社内業務に関するセキュリティ対策チームではなく、製品に特化したセキュリティ対策チームを立ち上げるところが増えている。

株式会社I・Oデータ機器は、2016年秋のMiraiボットの事件以来、自社製品の脆弱性対応を行うチームを発足させた。具体的には、同社のポケットルータ製品(ポケドラ)にTelnetから侵入できる脆弱性が発見され、一時的に製品の出荷を停止したことがあったためだ。通報は、大学でIoT機器の脆弱性を調査研究しているグループからもたらされた。事態の重大性から、同社はさまざまな対応を行い、PSIRTに相当するグループを社内に設置した。

Internet Week 2017 S10セッションにおいて、I・Oデータ機器 情報セキュリティ対策チーム 島田康晴氏が、製品に関する脆弱性対応の知見から、製造業におけるPSIRT構築の考え方、ポイント、対応方法について解説した。現在、対応する部署がなくPSIRT構築を考えている製造業にとって参考になる情報だ。

《中尾 真二》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×