最終回:疑問その9「日商エレを苦しませたCASB導入案件とは」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.23(月)

最終回:疑問その9「日商エレを苦しませたCASB導入案件とは」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

「○○社の案件は勉強になった…」

製品・サービス・業界動向 業界動向
 

「○○社の案件は勉強になった…」

 長時間に及んだ本連載の取材の終盤頃、日商エレクトロニクス株式会社の坂口武生が、遠い目をしながらボソッとこんな言葉をつぶやきました。

「何かユニークな、クラウドセキュリティや CASB の導入事例はないか?」という取材班の問いに答えた言葉でした。

 なにより、この男から「勉強」などという殊勝な言葉が出たことに取材班は大いに驚きました。

 そもそも坂口はビジネスシーンなのに一人称が“俺”(しかも初対面でなのですから、坂口に「勉強になる」などと言わしめるほどの案件がもしこの世にあるとしたら、もはやそのクライアントは一人称が“俺”を通り越した“俺様”であるに違いないことでしょう。果たしてそんな無双企業は存在するのでしょうか。

 もちろんその企業への CASB 導入とその後の運用は成功させたそうです。しかし「まだ思い出にはなっていない」と坂口は編集部に打ち明けました。

 ひょっとしたらその案件は、導入が終了した今になっても、毎晩真夜中に汗びっしょりの坂口を漆黒の闇の中、寝床の上に飛び起きさせているのかもしれません。

 最終回の疑問その9では、本連載「最後の事件」として、日商エレで最もクラウドセキュリティを知る男をすら苦しませた、ある案件を紹介します。

《株式会社イメージズ・アンド・ワーズ 鳴海まや子》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×